家庭の医学 (朝日文庫)

制作 : Rebecca Brown  柴田 元幸 
  • 朝日新聞社
4.02
  • (18)
  • (15)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 109
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (169ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022643605

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016/06/16

  • いつか迎えるであろう死と向き合う準備をするためには、こういう文学がもっとあってもいいと思う。
    近しい人物の衰退と死はいつか訪れるもの。
    個人的な部分の語りをうまく調節していて、誰もが共感できるようにつくりになっている。
    そしてどう考えたってきれいな死に方ではないはずなのに、最後の最後まで母は美しい。

  • 目次だけでわくわくしていた1冊。しかしながら想像よりもずっとずっと悲しい作品だった。作者レベッカ・ブラウンの母が病(癌)に倒れ亡くなるまでの闘病記のノンフィクションなのだ。身内を癌で亡くしているものとlしては章が進むごとに悪化していく事態に胸が痛かった。確かに数百人の患者の一人で世の中からしたらたいした問題ではないのかもしれないけれど当事者たちにとっては一大事なのだ。ノンフィクションなのだけれど、小説のような雰囲気。あとがきを読むまで創作だと思っていた。大切な人を病気で亡くしている人にとってはとても胸が締め付けられる作品だがとてもよい。

  • 図書館で。書店ガールにこの作家さんが出てきたので借りてみようかな、と借りてみました。このタイトルはあまり合わないんじゃないかなあ…。あとがきでも書いてありましたが原題は家庭医学書からって意味だしなんか思ってたのと全然違う本でちょっとびっくりです。

    簡単に言うと作者さんの母上の病気の発見から亡くなられるまでの本なのですが。大腸がんかなあ。ご母堂がおいくつだったのかは分かりませんが末期ならばそれほど辛い抗がん剤を使わなくても、化学療法をしなくても良かったのではないかなあなんてぼんやり思いました。最初の手術は出血を止めるために必要だったとしても。2001年の本という事なのでそれほど昔の本でもないし…もう少し家族側でも情報収集出来なかったのかな。抗がん剤の副作用でものを食べられなかったり吐いたり、という描写は読んでいて辛いですね。自分が食いしん坊な所為もありますが。

    とは言え何をどう選択しても悔いは残るしこの本は医学や介護に対する啓蒙書なわけではなく作者自身はこのように母を看取った、という日記のような本なのでそれでよいのかな、と思いました。100人居れば100通りのお別れがあるわけでその過程が正しいとか間違っているとかそういう話ではないのだと思います。自分がいかに肉親と決別したのか。必ず訪れる別れをどのように迎えるのか。他人事じゃないなあ、と読みながら思いました。
    寂しい本です。人間、生きているうちに思いを伝えなくてはいけませんね。
    それでも別れの時は辛いだろうから楽しめるうちは楽しまなくては。

  • 生きること、死ぬこと、いたわることについて、生々しくも美しく描かれ、息が詰まるほどの緊張を保っている作品。
    衝撃を受けたし、最も好きな本のひとつ。

  • 面白い構成。ガツンと感動系で泣かされるかと思ったけどそうではなかった。あくまでもサラッとしていて、シンプルに描写されてる。『幻視』の、「母のどこかほかの部分は、何か別のものによって助けられていたと思いたい。何か優しいものによって母が助けられていたと私は信じたい。」という文章は印象的。2011.3.24

  • 癌で死にゆく母を看取るまでを淡々と書き付けた記録。原題は “Excerpts from a Family Medical dictionary”、すなわち「『家庭の医学』からの抜粋」。その名のとおり、各章のタイトルは『家庭の医学』の見出しのような、病気の症状から死にまつわる単語の事典的な定義になっている。
    よくある闘病記のような感傷的・感情的な表現はどこにもなく、ただ静かに「死んでいくプロセス」を見守る著者。その筆致は静謐で美しくさえある。だがその背後にあったであろう個人的な苦しみ、動揺の体験を思うと (それらは本書には書かれていない) 喉の奥が痛むような感覚を覚えた。

  • 母が癌だとわかり、看取るまでのノンフィクション。タイトルにあるように「家庭の医学」的キーワードを軸として語られていきます。それが愛する母の死に臨んでの、精一杯の著者の科学的理性的であろうとする抵抗なのでしょう。

    ▼母が死んだとき、それは安らかでも楽でもなかった。辛い死に方だった。母が死を押し戻そうとしているあいだずっと、支度はできたよとあのとき母に言いはしたけれど、私たちは支度なんかできていなかった。▼

    2010/1/29 読了

  • 怖いけど目をそらしちゃいけないんだなと思いながら読みました。いつ何時、自分やその周りの人がこうなるか分からないです。安楽死や尊厳死の問題と絡めて考えたい、勉強したいな。
    それにしても自分の母親のことを書いてるとは思えない程冷静な第三者の視点からのお話でした。

  • ☆3.5って感じです。

全19件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1956年ワシントン州生まれ、シアトル在住。作家。翻訳されている著書に『体の贈り物』『私たちがやったこと』『若かった日々』『家庭の医学』『犬たち』がある。『体の贈り物』でラムダ文学賞、ボストン書評家賞、太平洋岸北西地区書店連合賞受賞。

家庭の医学 (朝日文庫)のその他の作品

家庭の医学 単行本 家庭の医学 レベッカ・ブラウン

レベッカ・ブラウンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リチャード ブロ...
三島 由紀夫
ポール・オースタ...
村上 春樹
三浦 しをん
ベルンハルト シ...
カズオ イシグロ
ポール オースタ...
レベッカ ブラウ...
ポール・オースタ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする