家庭の医学 (朝日文庫)

  • 朝日新聞社
4.00
  • (18)
  • (16)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 119
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (169ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022643605

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 各章の題名となっているのは、貧血とか、転移とか、病気の症状や療法など、そして最後は「remains」死体という意味らしい。作者の母親のガンが発見され末期であることがわかり家族による介護と葬儀までが淡々とした感じで(これは翻訳者の文章のせいかもしれないが)べったりとした感情を排除した感じで書かれている。病気が発見されたときから患者本人も家族もそのときが来ることを覚悟する。一つ一つ治療や症状が出たとき、それぞれがそのときが確実であることを理解する。そうやってみんな確実にそのときに向かいながら残された時間を過ごしていく。淡々と介護する側から見た患者の様子、それを読みながら以前読んだ「35歳ガン漂流」という本を思い出す。末期がん患者が自分自身の経験する治療や副作用のことをつづったものだ。おなじガンという病気の進行状況からそこで起こっている苦痛の様子が思い出される。彼は若かった。彼はひとりで戦っていた。だんだん症状が進むにつれ医師から「死んでいくプロセス」が語られ踏ん切りをつける。少しでも苦痛を取り除くことが最優先となり、家族は安らかに過ごせるように介護する。そして死が訪れる。「死んでいくプロセス」その言葉にいろんなことを思い出す。友人の場合、そのお舅さんは手術のため入院した病院で感染症を併発し医師から「いつ何があってもおかしくないので家族の方は誰かそばについていてください」といわれたという。知り合いのおばあさんは100歳になるが、80歳くらいから危篤といわれ介護施設から病院に移り、回復し老人病院に転院し、また危篤といわれ病院を替わり家族が「危篤」という言葉になんだか慣れて来てしまったという。私の父は、何も言われなかった。それが「死」に向かっていることは確かなのだろうが、体が動かなくなり「寝たきり老人」になっていく過程なのか「死」が近い過程なのか、医師の説明は何もなかった。「だんだん体の機能は低下していますね」という言葉からどんな覚悟をすればいいのか判断しかねた。親戚や親しい人に何か連絡すべきなのか判断しかねているうちになくなってしまった。心の準備は看取るものにとって必要だ。最後の瞬間までにしてあげたいこともある。その時々にどう対応すればいいのか、患者にとって何が必要なのか、そのときが来たとき受け入れるためのこころの準備もしなくてはならない。ある程度の年齢ならそれはいつ怒っても不思議ではないことなのだから普段からしておくことなのか。これから、何度かこういった場面があるのだろうなと思う。それぞれケースは多少違うかもしれないが、誰かを看取るという事は、こんなふうに静かに確かに受け止めなければならないと思う。

  • レベッカ・ブラウンの作品を読み終えると、言い切れない切なさと満足感と脱力感が同時に押し寄せる・・・・・・。
    彼女はそう、画家・エドワードホッパーのような、静かで柔らかく切ないタッチで物語を描く。

    本作は、癌に侵された母親の死に至るまでの過程を、客観的に綴っている。まさに家庭の医学書のように一章ごと、「貧血」「転移」「化学療法」「モルヒネ」「幻覚」「火葬」などの注釈が入り、時系列に話が進んでいく。癌が進行して行くなかで、それを見守るものの想い、願い、行いを繊細に描いており、それゆえに、美しく深い真実の話であった。
    父を癌で亡くした者として、本当にリアルで辛くもありながら、救いのあるノンフィクションであると言いたい。そして同じ想いをした人にいつか、読んで欲しいと思う。

  • お母さんを看取るまで。介護文学というジャンルをはじめて知ったよ。すごく面白かった・・・というかリアルな世界なので他人事じゃないし。自分はどうするだろう。日本も介護に適した社会にならなきゃ。

  • 淡々と書いてるのが、「自分にはここまでしか出来なかった」という自戒も込められているようで逆に痛々しい。でも「看取るこっちも苦しい」みたいな安易な話に持っていかない強さも感じられる。

  • 介護文学。
    看護や介護の道を目指す人は専門書だけでなく、こういう本をよんで何かを考えて欲しいと思う。

  • とてもうすっぺらい、そして字も大きな本ですが、中身はひどく大きなもの。一つの掌編を読むのに大変な時間がかかります。普段のように流して読むのは簡単ですが、この人の文章にはそれをさせない何かがあり私を消耗させます。でも、その消耗が厭なものでないから、私はレベッカ・ブラウンの本を読み続けるのです。

全19件中 11 - 19件を表示

著者プロフィール

1956年ワシントン州生まれ、シアトル在住。作家。翻訳されている著書に『体の贈り物』『私たちがやったこと』『若かった日々』『家庭の医学』『犬たち』がある。『体の贈り物』でラムダ文学賞、ボストン書評家賞、太平洋岸北西地区書店連合賞受賞。

「2017年 『かつらの合っていない女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

レベッカ・ブラウンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カズオ イシグロ
レベッカ ブラウ...
ポール オースタ...
レベッカ・ブラウ...
レベッカ ブラウ...
村上 春樹
レベッカ・ブラウ...
リチャード ブロ...
レベッカ ブラウ...
リチャード ブロ...
ポール・オースタ...
ポール・オースタ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×