宮尾本 平家物語〈1〉青龍之巻 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.75
  • (6)
  • (10)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (625ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022643612

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 女性の存在感が強い平家物語です。戦場面などは迫力に欠けますが、その分他平家物語や源平盛衰記などでは殆ど影のなかった女性達が生き生きと逞しく描かれていて新鮮でした。「この場面でこんなに尺を取るのか…」と言うところも正直あり、平家物語、というタイトルではなくても良かったのかなー、と思いました。実はこの本の前に、宮尾本平家物語のキャラ解説本を読んでしまい失敗したので、またそっちを読み返したいと思います。最後の場面は建礼門院のその後なのですが、私は個人的に「大原御幸」の話が嫌いなので、この場面がスッパリなくなってた終わり方は好きです。すーっと静かに幕が下がる感じで、「あー、良かった」と思って読み終わることが出来ました。

  • 清盛さんが中心だけど、「女性」の目線や気持ちが濃いなぁ~と。
    ホントは1年も前に買ってたけど、大河ドラマが好き過ぎてなかなか読めなかった…。

  • 女の愛憎劇、人生のはかなさを書いた小説は、やはり宮尾登美子に限ります。

  • 平家物語〈1〉青龍之巻〜宮尾本 平家物語〈4〉玄武之巻 完結。

  • 文体が難しく、とっつきにくい作品ではあるが、平家一族の家庭内の事情やおのおのの登場人物像にスポットをあてており、ある程度読み進むと一気に引きこまれていってしまう。

  • ちょっとドロドロしすぎかな、て思うけど、読み出したら止まらんかった。

  • 若き清盛は自らの運命を如何に受け止め、この乱世をどう生き抜いていくのか?―清盛を中心に平家一族の視点から物語をとらえ、新たな歴史絵巻として世に問う著者畢生の超大作。単なる軍記物としてではなく、宮尾作品の魅力と醍醐味ともいえる女たちのドラマをふんだんに織り込んだ、清新な「平家物語」の誕生。

  • One of the best Japanese novel i have read so far. Stories about Heike clans and young kiyomori...

全11件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1926年高知県生まれ。『櫂』で太宰治賞、『寒椿』で女流文学賞、『一絃の琴』で直木賞、『序の舞』で吉川英治文学賞受賞。おもな著作に『陽暉楼』『錦』など。2014年没。

宮尾本 平家物語〈1〉青龍之巻 (朝日文庫)のその他の作品

宮尾登美子の作品

ツイートする