なにわの夕なぎ (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.29
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022643650

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 京都の次は浪速か~!
    しかし、なにわの人間はなんたら・・・というお話ではなく、人生の風雪(?)に耐えてきた人々の、決して暗くはない、そして不真面目ではない、酒の上での本音が多々語られていたりする。
    いつもの田辺氏の小説とは違い、多少難しい単語がちらほら。
    昨今の(若者?)文化に対しての感想に関しては、その中間に位置する年代の自分としては『そこはもう少し大目に見てもいいのでは?』という部分もあり。
    しかし、このご年齢で数々の公演をこなし、著書も発表されていることには脱帽する。
    ご自宅にたくさんの友達が飲みに来て、楽しい会話ともてなし・・・
    こんなふうに年取ってみたいと思うけれど、それにはもっと己を磨かなければならないのだろうな・・・と思う。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1928年、大阪市生まれ。樟蔭女子専門学校卒業。64年『感傷旅行』で芥川賞、87年『花衣ぬぐやまつわる……』で女流文学賞、93年『ひねくれ一茶』で吉川英治文学賞を受賞。『むかし・あけぼの』『ジョゼと虎と魚たち』『田辺聖子の小倉百人一首』など著作多数。

「2017年 『私の大阪八景』 で使われていた紹介文から引用しています。」

なにわの夕なぎ (朝日文庫)のその他の作品

なにわの夕なぎ 単行本 なにわの夕なぎ 田辺聖子

田辺聖子の作品

ツイートする