独酌余滴 (朝日文庫)

著者 : 多田富雄
  • 朝日新聞社 (2006年6月1日発売)
3.86
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022643674

独酌余滴 (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この人の書くものには匂いや色がある。

    「ここに集めたのは、軽い酩酊の中で考えた余滴」
    と著者本人が言うように、短い文章を集めたもの。

    考えさせられる部分はたくさんあったが、「町の記憶」について書かれたところを引用しておこう。著者が日暮里の辺りをうろついているころ、こんなことを考えたらしい。

    「どんなに懐かしくても、田舎育ちの私が以前に見たはずはない。私の記憶にないはずなのに懐かしさを呼び起こすのはなぜだろうか。」

    こういうことは私にも稀にある。それに対してこう説く。

    「それは、町自身が記憶というものを持っているからである。・・・中略・・・私たちは、町自身がためこんだ記憶をのぞき込んで、その懐かしさに共鳴しているのだ」

    うーん良い文章。

全1件中 1 - 1件を表示

独酌余滴 (朝日文庫)のその他の作品

独酌余滴 単行本 独酌余滴 多田富雄

多田富雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする