暴力に逆らって書く―大江健三郎往復書簡 (朝日文庫)

著者 : 大江健三郎
  • 朝日新聞社 (2006年10月1日発売)
3.82
  • (4)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :50
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (385ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022643728

暴力に逆らって書く―大江健三郎往復書簡 (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大江氏と各界知識人との往復書簡をまとめたもの。これまで知らなかった人を知れて、かつ、物事の捉え方について多様なものを学べて、なかなかためになる本だった。

  • 新聞掲載を目的とした往復書簡であるから、基本的に同調者との対話に軋轢は生じない。皆それぞれ自身の言葉で真摯に語る。何度も心に響く言葉に出会えた。ただソンタグが暴力を止める為に必要な暴力の存在を肯定しているのがひっかかった。なるほど、短絡的には有効なのかもしれない。しかし暴力で勝ち得た安寧など更なる暴力の増長に拍車をかけるだけだ。冷戦時代の核軍備競争と同じじゃないか。大江は自分の死後にまで長期戦を見据えている。これからの人々へ、真の平和への足掛かりを残そうと、愚直に誠実にナビゲートする役目を自ら課している。

  • 本書で語られていることの、恐らく十分の一も、実感をもって理解できていませんが、年を重ねるにつれて、その折々に触れて読み返したくなる予感でいっぱいの本です。

  • [07.07.25]<市

全4件中 1 - 4件を表示

暴力に逆らって書く―大江健三郎往復書簡 (朝日文庫)のその他の作品

大江健三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミヒャエル・エン...
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

暴力に逆らって書く―大江健三郎往復書簡 (朝日文庫)に関連する談話室の質問

暴力に逆らって書く―大江健三郎往復書簡 (朝日文庫)はこんな本です

ツイートする