暴力に逆らって書く―大江健三郎往復書簡 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.82
  • (4)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (385ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022643728

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大江氏と各界知識人との往復書簡をまとめたもの。これまで知らなかった人を知れて、かつ、物事の捉え方について多様なものを学べて、なかなかためになる本だった。

  • 新聞掲載を目的とした往復書簡であるから、基本的に同調者との対話に軋轢は生じない。皆それぞれ自身の言葉で真摯に語る。何度も心に響く言葉に出会えた。ただソンタグが暴力を止める為に必要な暴力の存在を肯定しているのがひっかかった。なるほど、短絡的には有効なのかもしれない。しかし暴力で勝ち得た安寧など更なる暴力の増長に拍車をかけるだけだ。冷戦時代の核軍備競争と同じじゃないか。大江は自分の死後にまで長期戦を見据えている。これからの人々へ、真の平和への足掛かりを残そうと、愚直に誠実にナビゲートする役目を自ら課している。

  • 本書で語られていることの、恐らく十分の一も、実感をもって理解できていませんが、年を重ねるにつれて、その折々に触れて読み返したくなる予感でいっぱいの本です。

  • [07.07.25]<市

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

大江 健三郎(おおえ けんざぶろう)
1935年、愛媛県喜多郡内子町(旧大瀬村)生まれ。東京大学文学部フランス文学科卒業。大学在学中の1957年に「奇妙な仕事」で東大五月祭賞を、同じく在学中1958年当時最年少の23歳で「飼育」にて芥川賞を受賞。1964年『個人的な体験』で新潮文学賞、1967年『万延元年のフットボール』で谷崎賞、1973年『洪水はわが魂におよび』で野間文芸賞、1983年『「雨の木」(レイン・ツリー)を聴く女たち』で読売文学賞、『新しい人よ眼ざめよ』で大佛賞、1984年「河馬に噛まれる」で川端賞、1990年『人生の親戚』で伊藤整文学賞をそれぞれ受賞。そして1994年には、「詩的な力によって想像的な世界を創りだした。そこでは人生と神話が渾然一体となり、現代の人間の窮状を描いて読者の心をかき乱すような情景が形作られている」という理由でノーベル文学賞を受賞した。
2018年7月から『大江健三郎全小説』全15巻の刊行が始まる。

暴力に逆らって書く―大江健三郎往復書簡 (朝日文庫)のその他の作品

大江健三郎の作品

ツイートする