鬼譚草紙 (朝日文庫)

  • 朝日新聞社 (2006年9月発売)
3.70
  • (10)
  • (9)
  • (16)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :87
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022643759

鬼譚草紙 (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 手に取ったときは結構な厚みを感じましたが、サクっと読めました。イメージとしては…ご存知の方は「陰陽師」を想像して貰えたら。その外伝と言うか、系譜に連なると言うか、そんなイメージです。そこにエロスが少々。微エロ。天野氏の絵が好きな方なら美エロ、かな。
    主として描かれる紀長谷雄、小野篁ともに、非常にいいバランスで描かれていると思います。描き過ぎず、描き足ら過ぎず。「行間を読む」と言うのは、非常に愉快で、贅沢な営みですね。
    絵巻、とはまた違う感じがしますが、天野氏の挿絵が沢山盛り込まれていて。夢枕・天野両氏がお好きだったり、「陰陽師」(夢枕獏・文春文庫)がお好きなら一読して損はしないと思います。

  • 駄作。

  • 天野喜孝のイラストが雰囲気満点でいい感じ。王朝時代物や今昔物語はそれ自体が面白い。

  • 図書館で。久々に夢枕氏の本を読もうかと借りてみました。
    天野さんの挿絵も付いていてお得感がありました。

    鬼と美女と言うのはなかなか確かにえろえろムード感が漂いますね。お話的に何でもアリな時代と言うこともあっておとぎ話を読んだ感じでした。個人的には鬼になった男は自分が満足したら成仏しちゃうとか自分勝手なもんだと思いました。まあ良いけど。

  • 人と鬼、血縁関係、此の世と黄泉。
    大きな隔たりを越えるのは、それぞれの強く、一途な想いのみ。
    そのきっかけとなるのもまた、几帳や御簾などの物理的な隔たり。

    一途であることは、時に辛く、苦しい。
    それ故に、人は鬼にもなれ、鬼をも受け入れることができるのではないか。

    染殿の后物語の、語り手の美しい言葉。
    紀長谷雄物語の、喪失感の中で哀しく溢れる才能。
    篁物語の、距離を計る歌のやり取り。

    繊細で上品な描写に、妖艶さが相まって、それぞれの物語がもつ魅力に強く惹きつけられる。

  • 夢枕獏著「鬼譚草紙」を読み終わりました。

     天野喜孝とのコラボレーションということで、幻想的な挿絵が話の合間に見事に描かれています。

     内容は、平安時代の鬼の話で、おどろおどろしく、エロティシズムにあふれた物語絵巻です。

     といっても、あの安倍晴明はまったく出てきません。

     そのかわり新しいキャラクターとして、歌人でも有名な小野篁(おののたかむら)が登場し、異世界へと関わりをもってしまう姿が描かれており、今後彼を主人公にした作品が出てくるのか、ちょっと楽しみです。

     平安時代は本当に鬼が存在していたような時代だと感じられますが、21世紀の今日も、もがき苦しみながら、心の闇に鬼を潜ませている人が少なからずいるような気がします。

     21世紀にも安倍晴明や小野篁がいてくれたらなあ。

  • 執拗なまでの情念・エロティシズムに溢れる内容でした。
    天野さんの絵もとても妖艶で相乗効果でエッチに感じました。

  • エロスと妖を文と絵にした最強のタッグ。

    血腥さも含んだ獏さんのエロスを天野さんの絵が人外の世界に昇華させていると思う。

    小野篁の禁断の愛は美しくて哀しくて儚くて。
    天野さんの書く姫の美しい肢体に篁ならずとも惚れた。

  • 古本屋に落ちていた宝箱。
    前に単行本を読んだような気もするのですが。
    まあ、一冊家にあってもいいかと。
    篁物語などを元にした夢枕獏さんのお話に天野喜孝さんの色っぽくて妖しい絵がたくさん添えられています。
    とりあえず画集のつもりで買いました。

  • 平安時代の鬼と人の物語。天野喜孝の挿画も含めて、淫靡で妖艶です。男女の機微と鬼の関係となると女性が鬼と化す物語が多い中、ここでは男の方が鬼と化し、鬼と勝負し、鬼の側へと入っていきます。人の器から溢れ出すばかりの才能や情念が鬼を呼び起こすのかも。

    作中人物がつくる歌や詩が挿入されるのですが、それを完全に理解することの出来ない自分がもどかしい。でも文字の連なり言葉の並びに、ほうと心動かされることもあったり。恋しい気持ちを表わすのみばかりでなく、愛しい人を喪ったときも、身を裂くばかりの悲しみや苦しみに襲われたときも、口に詩を詠ずる心持ちが荒々しいまでに響きます。

全14件中 1 - 10件を表示

鬼譚草紙 (朝日文庫)のその他の作品

鬼譚草紙 単行本 鬼譚草紙 夢枕獏

夢枕獏の作品

ツイートする