どろろ〈下〉 (朝日文庫)

  • 朝日新聞社
3.61
  • (16)
  • (13)
  • (27)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 124
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022643834

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 映画どろろのノベライズ下巻。映画後半部分で、百鬼丸の父・景光と弟・多宝丸との関係や感情、どろろとのこれからが良く書かれていて、個人的には映画と合わせて読んで良かったと思った作品になっていました。

  • 笑っちゃうぐらい小学生の悪ガキみたいなどろろを柴咲コウがどう演じたんだろう。最後の終わり方がいい。

  • 映画未見、原作は昔読んだが大部分忘れてる。
    期待せずに買ったが、面白かった。

  • 人の繋がり、心の繋がり、感動した

  • 柴崎コウさん、なんかかわいそう

  • 自分の体を取り戻すため、魔物たちと戦う百鬼丸と、その破邪の力を持つ妖刀“百鬼丸”を狙うコソ泥どろろ。戦国の世を治めるため、自分の子を生贄にした武将・醍醐景光。争いが争いをよぶ戦乱の世の中で、絶望に襲われながらも、必死に生きる人々を壮大なスケールで描く大冒険活劇小説、堂々の完結編。



    いやー
    映画は見に行ったんですよね。
    映画の最後が体が全部揃わなかったから、この小説に完結編!
    みたいになってるから、その続きか?
    と思って買って読んだらなんと!!!
    映画でみたまんま・・・

    原作はどうなってるのか分かりませんが、ちょいと早とちり!?
    残念な買い物になりましたね・・・

  • 百鬼丸。どろろ。醍醐景光。戦乱の中で、絶望になりながら、必死に生きる人々を表現していた。

  • 映画のノベライズ。
    うーむ。こっちのほうが分かりやすい、かもしれない。
    2のノベライズもあるのかしら。

    ---
    追記。
    どろろの漫画に比べれると、構造や理由付け、キャラクタ設計がしっかりかっちりしている。
    それゆえに分かりやすいところもある反面、マンガ本来の奔放さと言うか、エネルネギーが若干減っている所はある。

    しかし構造化しているはずなのに、位置づけが甘いところ(原作のキャラクター、エピソードを流用する)もあり、
    そこは残念。



  • 映画も見ました!
    映画の中で一番好きです!
    どろろを見て、時代ものを好むようになったとか。
    大河ドラマ「天地人」絶対見るっ
    時代ものには妻夫木くん必要不可欠。

  • やっぱ好きです。
    2008/03/01 読

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1928年、大阪生まれ。漫画家。戦後漫画界の巨匠にして日本TVアニメの始祖。1989年没。代表作に『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『火の鳥』『ブラック・ジャック』他多数。全400巻の個人全集を持つ。

「2018年 『いばら姫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

手塚治虫の作品

ツイートする