昭和天皇伝説―たった一人のたたかい (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.44
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022643841

作品紹介・あらすじ

「神」から「ひと」へと変貌を遂げた昭和天皇とはいかなる存在だったのか。二・二六事件や秩父宮との不和、三島由紀夫や北一輝との関係、マッカーサーと並んだ歴史的写真の真相など、伝説と真実の狭間に浮かび上がる真の姿とは?従来の昭和天皇観を一変させる瞠目の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 天皇という存在が、日本国民の中で「伝説」として受け入れられたことと、昭和天皇がその「伝説」を自覚的に生きてきたことを、いくつものエピソードを引きつつ、論じた本です。

    戦前においては「天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス」とされ、戦後には「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」とされました。しかし著者は、天皇が戦前・戦後を通じて、「日本人がかつぐままにかつがれようとしていた」と主張し、そこに昭和天皇の「たった一人のたたかい」があったと論じています。

    本書は、「天皇とは何か」という問いに、正面から答えを出した本ではありません。むしろ、「天皇とは何か」と問うことが、天皇を「伝説」の中に封じ込めてしまうような所作にほかならないということを、浮き彫りにしているように思います。

  • 専制君主でなく立憲君主を志向する人間・昭和天皇を取り巻いた過酷な環境下での苦悩を分析している。
    もし自分が昭和天皇であったなら、と読むうちに考えてしまう。
    いかに過酷なものであったか想像に難くない。
    『幻の人ー終わりの章』は終わりの章にふさわしい内容であり、
    副題の『たった一人のたたかい』は、主題であってもおかしくない。
    平成も25年が過ぎようとしているが、まわりをみるに昭和は厳然とある。
    時代小説ばかり読んでいる場合ではないかもしれない。
    良著。

  • 戦争期に唯一の正気の指導者が昭和天皇だけとは。昭和天皇を語れば昭和が語れてしまう。昭和期全国に発生した「〜天皇」「カリスマ」を天皇の虚像の影身としてとらえれば。和製ファンタジーの皇帝像に昭和天皇の投影はないのかな?面白い本でした。今年は昭和82年。まだ昭和は終わりません。明治140年といったほうが実感持てる人がいるように。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

評論家・歴史学者

「2016年 『辻井喬=堤清二 文化を創造する文学者』 で使われていた紹介文から引用しています。」

昭和天皇伝説―たった一人のたたかい (朝日文庫)のその他の作品

松本健一の作品

ツイートする