走る男 (朝日文庫 し 16-10)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.78
  • (1)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022643872

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 少子化、停滞がより一層進んだ日本の近未来小説・・・かな?
    テンポの良いサバイバル逃避行は、『エルマーの冒険』を思い出しましたw
    ただし、新聞での週刊連載の影響か、展開が少々行き当たりばったり。特に物語の締め方とか・・・。

  • 椎名誠のエッセイは中々好きなんだけれど、
    これは小説にして、エッセイの匂いを持っている。

    エッセイで、自分たちの遊びを勝手に名付けて
    楽しんでいることの延長線上にあるような気がする。

    だから、多少展開が強引であっても
    椎名誠だから許せる。
    コンちゃんはかわいかったです。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

椎名誠(しいな まこと)
1944年、東京生まれの作家。「本の雑誌」初代編集長で、写真家、映画監督としても活躍。『犬の系譜』で吉川英治文学新人賞を、『アド・バード』で日本SF大賞を受賞。近著に『あやしい探検隊 台湾ニワトリ島乱入』『あやしい探検隊 済州島乱入』『そらをみてますないてます』『国境越え』『にっぽん全国 百年食堂』『三匹のかいじゅう』『ぼくがいま、死について思うこと』『おれたちを笑え! わしらは怪しい雑魚釣り隊』『雨の匂いのする夜に』『おなかがすいたハラペコだ』など多数。
映画監督としては、映画『あひるのうたがきこえてくるよ』で第10回山路ふみ子映画文化賞受賞。映画『白い馬』で日本映画批評家大賞最優秀監督賞、95年度JRA賞馬事文化賞、フランス・ボーヴェ映画祭グランプリ受賞、ポーランド子ども映画祭特別賞をそれぞれ受賞している。

走る男 (朝日文庫 し 16-10)のその他の作品

走る男 単行本 走る男 椎名誠

椎名誠の作品

ツイートする