「おたく」の精神史―一九八〇年代論 (朝日文庫 お 49-3)

著者 : 大塚英志
  • 朝日新聞社 (2007年3月7日発売)
3.27
  • (1)
  • (6)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
  • 83人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (394ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022643940

「おたく」の精神史―一九八〇年代論 (朝日文庫 お 49-3)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 比較的、面白かった。大塚英志の語り口が、面白いんだろうな。80年代は不毛なんかではまったくない、というのが、僕の個人的な意見。だって、いっぱい好きなもの、ある、80年代。(12/6/16)

  • おたく論と言うより、80年代をロリコン雑誌の編集者として過ごしつつ宮崎勤事件やオウムを経て90年代では批評・論壇へ仕事を移していった著者の実体験を交えた、文化批評本。著者自身が80年代を「終わらせられなかった」ことに対する責任と後悔があるためか、全体として鎮魂歌的なトーンが漂っている。それにしても、秋元康プロデュースを始めバーチャルアイドルの創造、ネットワークによる風説の流布や(当時この言葉はなかったが)厨二病の存在と、近年の流行というのはまるで80年代をなぞっているような感じがするのは気のせいだろうか。

  • おたく的キーワードから80年代を紐解く本

全4件中 1 - 4件を表示

大塚英志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

「おたく」の精神史―一九八〇年代論 (朝日文庫 お 49-3)はこんな本です

「おたく」の精神史―一九八〇年代論 (朝日文庫 お 49-3)を本棚に登録しているひと

ツイートする