「おたく」の精神史―一九八〇年代論 (朝日文庫 お 49-3)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.27
  • (1)
  • (6)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 83
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (394ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022643940

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 比較的、面白かった。大塚英志の語り口が、面白いんだろうな。80年代は不毛なんかではまったくない、というのが、僕の個人的な意見。だって、いっぱい好きなもの、ある、80年代。(12/6/16)

  • おたく論と言うより、80年代をロリコン雑誌の編集者として過ごしつつ宮崎勤事件やオウムを経て90年代では批評・論壇へ仕事を移していった著者の実体験を交えた、文化批評本。著者自身が80年代を「終わらせられなかった」ことに対する責任と後悔があるためか、全体として鎮魂歌的なトーンが漂っている。それにしても、秋元康プロデュースを始めバーチャルアイドルの創造、ネットワークによる風説の流布や(当時この言葉はなかったが)厨二病の存在と、近年の流行というのはまるで80年代をなぞっているような感じがするのは気のせいだろうか。

  • おたく的キーワードから80年代を紐解く本

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

大塚 英志(おおつか えいじ)
1958年生まれ。まんが原作者、批評家。国際日本文化研究センター研究部教授。まんが原作者としての著書に『多重人格探偵サイコ』(田島昭宇画)『黒鷺死体宅配便』(山崎峰水画)、民俗三部作『北神伝奇』『木島日記』『八雲百怪』(森美夏画)、『恋する民俗学者』(中島千晴画)など。
評論では『「捨て子」たちの民俗学――小泉八雲と柳田國男』(角川選書/第5回角川財団学芸賞)、『公民の民俗学』(作品社)、『怪談前夜 柳田民俗学と自然主義』『殺生と戦争の民俗学』(ともに角川選書)などがある。

大塚英志の作品

「おたく」の精神史―一九八〇年代論 (朝日文庫 お 49-3)を本棚に登録しているひと

ツイートする