チキンライスと旅の空 池波正太郎エッセイ・シリーズ4 (朝日文庫 い 10-9 池波正太郎エッセイ・シリーズ 4)

著者 :
  • 朝日新聞社
3.64
  • (1)
  • (6)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022644305

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 池波正太郎エッセイ・シリーズ第四弾。池波氏の旅の思い出や食べ物の記憶等について綴った名エッセイ。私、個人的には食べ物についての知識をたくさんいただいた。巻末に作家逢坂 剛さんとジャーナリスト重金敦之さんの対談があり、なかで逢坂さんが言っている「池波さんの作品というのは、何度も繰り返し読めるんですよね。」同感です。

  • BSフジ「原宿ブックカフェ」のコーナー“文壇レシピ”で登場。
    http://nestle.jp/entertain/cafe/


    本の中に登場するあの美味しそうな一品を
    実際に再現してみよう!というこのコーナー。

    第24回目に紹介されたのは、池波正太郎の「チキンライスと旅の空」に登場する『チキンライス』。

    ―プリプリと歯ごたえのある鶏肉がたっぷりと入り、トマトケチャップで熱く香ばしく炒めた飯を、
    あたたかく燃えているストーブの傍で食べるたのしさ、うまさ、うれしさというものは、たとえようもなかった。


    原宿ブックカフェ公式サイト
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/index.html
    http://nestle.jp/entertain/bookcafe/teaser.php

  • 司馬遼太郎の旅と食べ物をテーマとしたエッセイ集

    小学校卒業後、株屋の小僧として兜町で働いていた著者は、まだ10代の頃から、お金を握りしめて、美味しいお店を食べ歩いてた。
    戦前、戦後の東京、そしてパリやバリ島など、美味しい物を食べて歩く。
    無くなってしまった名店もあるが、多くの店が未だに老舗として健在なのは嬉しい。

  • 家にあったので正月休みに読みました。
    池波氏は元々脚本や台本を書いてらしたのですね。だからこそあのテンポ良い文章が生まれたのか、と初めて知りました。
    それにしても江戸は当たり前ですが昭和も遠くなったなあと読みながらしみじみ思いました。昔の男性がえばっていられたのは家族をきちんと支える給料と責任を負っていたからなんだよなあと何となく思いました。個人的には女性もきちんと稼ぐことが出来、男性にかしづかなくて良い社会の方が嬉しいですし、生活が便利になったことも喜ばしい限りです。ですが反面、季節やしきたりが軽んじられ、古いものより新しいものの方が偉大で正しいんだ、と言うような風潮や、便利なことに慣れ過ぎてしまっている今の生活には疑問を感じることがあります。ありがたいと思う心や感謝の気持ちを忘れてはイカンよなあなんてことを思いながら読みました。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1923年東京浅草生まれ。60年「錯乱」で直木賞受賞。77年「鬼兵犯科帳」「剣客商売」「仕掛人藤枝梅安」の三シリーズで吉川英治文学賞を受賞した。90年没。

「2017年 『西郷隆盛 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池波正太郎の作品

ツイートする