座礁 巨大銀行が震えた日 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.30
  • (1)
  • (8)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022644398

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっぱり、銀行は嫌いだ。

  • 20151205

  • 第一勧業銀行の報道の裏側で何が行われていたのかがリアルに伝わってきた。
    個人的には、実際の事件を仮想現実に置き換えている分、この人は実際の人物にすると誰か、などを考えながら読み進める作業になって、若干まどろっこしく感じた。あと、「川」という字のつく人が多くて、え~と誰だっけ・・・と思うこともあったり。(^^;

    隠そうとすればたたかれ、正しい姿勢を貫こうとすればつつかれる。
    総務部長が行ってきた行為の善悪は別として、銀行という大きな組織の中で、やらざるを得なかった心情はとても共感できた。

    渡瀬さんが格好良すぎ w

  • いつもながら、江上剛の銀行を舞台にした小説はリアリティがある。
    それもそのはず・・この「座礁」は本人が第一勧業銀行の広報次長だったときのことを小説としているのだ。
    (もちろん登場する企業や組織などは架空の名ではあるが)

    巨大組織の前では、個人の正義が「呪縛」によって否定される・・
    この小説のような大きな話ではないが、サラリーマンたるもの身につまされる思いが多少・・(笑

    また、危機管理時に必要なシュミレーションにもなりうる小説かもしれない。

  • 江上剛

    元銀行員の作家
    実際の銀行の現実を知る著者だからこそ、描ける世界。
    『金融腐蝕列島』のモデルとなった人物。
    テレビのコメンテーターとしても、メディアに登場することもある。

    2002年デビューながらも、既に多数の作品を世に送り出している。


    銀行の広報部次長が、ある記者との出会いから物語が始まる。
    それは銀行が、総会屋に巨額の融資を行っていたという事実を突き付けられること。
    総会屋と総務の結びつきとは?!
    広報部次長が駆けずり回るが、総務は口を閉ざしたまま。
    そこで、同様の別の事件が世間の明るみ出る。
    記者会見を開き、事なきを得るが、その数百倍にも上る巨額の融資の事件については、、、
    トップまで巻き込んだ、銀行のスキャンダルを、広報部次長がどう対応するのか。
    銀行の”事なかれ主義”が生んだ膿が、暗雲が白日の下に晒される。
    バンカーとして、企業人として、一番大事なものは?!
    コンプライアンスとは?!

    多数の人物が出てきて、少々わかり辛い面もある。
    最後の方の尻つぼみ感が否めないが、江上剛の作品らしく、物語の世界に引き込まれて、一気に通読してしまう。
    江上剛の自書伝とも言うべき作品。

  • 企業小説は、フィクションであっても、ノンフィクションのように思わせる骨太な語りのものがいい。

    これは、まさにそんな好みにぴったりな話でした。
    大きくなればなるほど、会社には触れられたくない暗部があるものですよね。。。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

江上 剛(えがみ ごう)
1954年、兵庫県生まれの作家、コメンテーター、実業家。本名、小畠晴喜(こはた はるき)。元日本振興銀行取締役兼代表執行役社長。元(旧)みずほ銀行築地支店長。
早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、1977年から2003年まで旧第一勧業銀行(現みずほ銀行)に勤務。2002年『非情銀行』で作家デビュー。2004年から2010年までは日本振興銀行に関わっていた。 
代表作に『隠蔽指令』、『庶務行員 多加賀主水が許さない』、『ザ・ブラックカンパニー』、『ラストチャンス 再生請負人』など。それぞれドラマ化されている。

座礁 巨大銀行が震えた日 (朝日文庫)のその他の作品

江上剛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする