異聞・新撰組 幕末最強軍団、崩壊の真実 (朝日文庫)

著者 : 童門冬二
  • 朝日新聞出版 (2008年12月5日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (353ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022644534

異聞・新撰組 幕末最強軍団、崩壊の真実 (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ]「異聞:普通に言われている内容と違う珍しい話」。さすが童門さんです。題名から異聞と宣言しています。内容は実話で悲劇の死を遂げた勘定役の河合耆三郎をモデルにした、商人出身の河井伊三郎の日記を元に話が進んでいきます。まず、伊三郎の日記が数行あり、その事件や出来事についての説明などが続きます。そして伊三郎が徐々に新選組に疑問を持つようになり、日記にも「新撰組がどこへ向かっているのか分らない。」と書いたものを土方に見つかってしまい・・・。童門さん、最後まで崩壊の真実にふれてないんですけど・・・。

  • 小説であっても、読ませることより伝えることに主眼を置いてくださるから、実に分かりやすい。

  • 播磨出身の勘定方、河井伊三郎という人物を主人公にした長編。でもこれは、河合耆三郎の名前や出自をモデルにしたというだけで、話の中身は別物。公金私消で斬首した話まで話はいかないし、読者が想像するものとはまったく違うかも

全4件中 1 - 4件を表示

異聞・新撰組 幕末最強軍団、崩壊の真実 (朝日文庫)のその他の作品

童門冬二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
日本ペンクラブ
有効な右矢印 無効な右矢印

異聞・新撰組 幕末最強軍団、崩壊の真実 (朝日文庫)はこんな本です

ツイートする