街道をゆく 18 越前の諸道 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.82
  • (4)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022644640

作品紹介・あらすじ

駆け出しの新聞記者として福井地震の惨状を取材した著者にとって、越前は強烈な記憶の場所だった。九頭竜川の育てた肥沃な平野を往来しつつ、永平寺の隆盛と道元の思想を思い、「僧兵八千」を誇りながら越前門徒の一揆にもろくも敗れた平泉寺の盛衰を考える。平泉寺の菩提林で、十余年前に訪れたときと同じ老人に偶然再会する不思議な場面は、そのまま一編の小説になっている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 越前の旅、中世から近世への旅

  • この本はよかったわー。越の国いきたいわー。
    出雲、天橋立などあるように日本海は大陸との関係
    や雪による豊潤な大地、文化の形成は素晴らしいわー。
    いきてー。

    永平寺、宝慶寺、越前大野城、丸岡城、白山神社
    古越前、継体天皇など本当に文化豊か!!

  • 司馬遼太郎の訪れた宝慶寺、僕は本をたよりに行き着くことができた。 
    夏なのに杉の木に覆われた参道がところどころ濡れていた。
    もちろん僕以外に訪れている者はいなかった。 
    今DVD「街道をゆく」を見てなつかしく思い出した

  • 658

  • 福井県(越前)は東京から遠く、関東人にとってはイメージが湧きにくい県の一つである。けれども、本書を読んでみて、その京都(畿内)からの微妙な距離感のために、歴史的に興味深い土地であることに気付かされた。越前は、古代、「越」(こし、元来は蝦夷の一種族を指す言葉であったらしい)と呼ばれた地域の中で他を圧して先進的であったという。

    福井といえば永平寺が有名だが、司馬さんはそんなところには目もくれない。というか、「永平寺に近づくと、客を吐き出したバスが多くうずくまっていて、さらにゆくと、団体客で路上も林間も鳴るようであり、おそれをなして門前から退却してしま」うのである。代わりに司馬さんが訪れるのは、大野の山中にある宝慶寺だ。道元の弟子である中国僧、寂円は、永平寺の俗化に反対し、ひたすら道元の風を慕ってこの宝慶寺を建てたという。

    司馬さんはまた、白山神社・平泉寺を訪ねる。古来より、越の人々は白山に対する信仰があった。その土着の神は、仏教という先進的な思想と混じり合って、「白山権現」となった。「本地垂迹」(ほんじすいじゃく)である。中世、ここは悪党の巣窟だったというが、その時代の歴史に疎いのでどうもイメージが湧かない。白山に登りに行くときに、訪れてみたいものである。

    福井市は盆地にあり、丹生(にゅう)山地という600メートル級の山々によって日本海から隔てられている。「丹生」とは砂鉄を含んだ赤い土のことで、朝鮮半島からやって来た製鉄集団がここに住み着いた。彼らはまた、窯を使う須恵器を持ち込み、それが弥生式土器に取って代わることになる。秀吉の朝鮮侵略の際、多くの朝鮮陶工を連れ帰ったことにより日本陶芸が成立することになるが、ここ丹生山地だけはそのような技術革新の波から取り残され、「古越前」として後世に受け継がれたという。

    意味不明な雲の表紙がなくなって、以前のような写真の表紙が復活したのは喜ばしい。しかし、巻頭の地図がごちゃごちゃして見にくいのは致命的である。須田画伯の手による、味のある地図に戻して欲しいものだ。

  • 20110805読了

  • 「小学生の女の子が、死んだ赤ん坊を溝川でまる洗いに洗っているのを見て、息をわすれる思いがした」

  • 司馬遼太郎にとって越前、福井の地はかつて新聞記者時代に福井地震の取材で訪れた、想いのあるところ。

    そこで永平寺の大伽藍を横目に宝慶寺を訪ね、道元の教えの残滓に想いを馳せる。
    またかつては叡山の支部として隆盛を誇った「僧兵八千」の平泉寺にて、その隆盛が越前門徒の一揆によって灰燼に帰す様を考える。
    それはともにひとの想いを伝え続けることがいかに困難か、という悲しい叙事詩のようでもある。

    そして平泉寺の菩提林で、かつて訪れたときと同じ老人に偶然再会する幻想的な場面は、まさにそれだけで詩となる。

    今回の「街道をゆく」は全編にわたって感傷が底辺に横たわっている感じがある。

  • 福井に興味がわいた

  • 平泉寺を含む福井を司馬遼太郎が旅する。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

司馬遼太郎は、1923年、大阪市生まれの日本の歴史小説家・エッセイストである。故人。
本名、福田 定一(ふくだ ていいち)。大阪府大阪市生まれ。筆名の由来は「司馬遷に遼(はるか)に及ばざる日本の者(故に太郎)」から来ている。
特に歴史小説の大家として知られ、代表作は「竜馬がゆく」「坂の上の雲」「翔ぶが如く」「燃えよ剣」「新撰組血風録」「菜の花の沖」「花神」「世に棲む日日」「梟の城」「関が原」「功名が辻」「国盗り物語」「街道をゆく」「十一番目の志士」「城をとる話」「風神の門」「二十一世紀に生きる君たちへ」他多数。その多くが大河ドラマ化、テレビドラマ化、映画化、コミック化などの形でマルチメディア展開されている。

司馬遼太郎は産経新聞社記者として在職中の1960年に、『梟の城』で直木賞を受賞。
1966年に『竜馬がゆく』『国盗り物語』で菊池寛賞を受賞したのを始め、数々の賞を受賞。
戦国・幕末・明治を扱った作品が多い。
1996年2月に72歳で逝去。
2001年には、東大阪市の自宅隣に司馬遼太郎記念館が開館。

街道をゆく 18 越前の諸道 (朝日文庫)のその他の作品

街道をゆく 18 越前の諸道 Kindle版 街道をゆく 18 越前の諸道 司馬遼太郎

司馬遼太郎の作品

ツイートする