ころんぼう 御助宿控帳 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
2.88
  • (0)
  • (0)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022645142

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 御助宿控帳2作目。黒崎めんどくさいわあ…

  • 御助宿控帳の2~駒形の百獣屋に総髪の大男が転がり込んできて,御助人を自分で宣言する。不良浪人らしいが根っからの悪人ではなさそうだ。家を出て行った「ごろんぼう」の女房が供をしてきた呉服問屋と三千石の旗本用人は,跡継ぎが消されようとしているのを救って欲しいと依頼する。家を出た旗本の弟は義姉と示し合わせて,三千石を乗っ取るために,潰れた剣術道場の腕利きを助っ人に引き込んでいた~百獣屋が御助宿(おたすけやど)で,武士や元目明かし,船頭や掏摸が亭主の茂十が頭を務める御助人だ。テレビドラマにしたら,一話で完結してしまいそうだが,朝日文庫の書き下ろしって所が,必殺シリーズの新物になりそうな雰囲気。メインキャストが百地十四郎で,波野がサブ,脇を固めるのは大男の伝海と膏薬売りの助八,お色気担当としてお京,どっしり構えているのが茂十で,今回の狂言回しが黒崎って事で

  • 気軽に読める一冊。「青眼」や「八相」という型の描写があります、そこら辺のイメージはよく解りませんでしたが、あまり深く考えなくても読める作品だと思います。

  • 読みやすい時代物でした。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1946年、埼玉県生まれ。埼玉大学教育学部卒業。1990年「剣の道殺人事件」で第36回江戸川乱歩賞を受賞。ミステリーから剣豪・人情時代小説へと執筆の幅を広げ活躍中。

「2018年 『鬼の隠れ簔 新まろほし銀次捕物帳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ころんぼう 御助宿控帳 (朝日文庫)のその他の作品

鳥羽亮の作品

ツイートする