讃歌 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.36
  • (2)
  • (9)
  • (7)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :84
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022645340

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 天才少女ヴァイオリニストといわれていた柳原園子はアメリカ留学したが、自殺未遂しそれが原因で何年もベッドの上で生活しなければならなくなった。

    今ではヴァイオリンをビオラに持ち替え、小さなコンサート活動を再開していた。

    偶然その音楽を聴いた主人公小野は、彼女の半生をドキュメンタリーとしてテレビ番組を制作。

    園子は「過剰にヴィブラートをかけ、音程とリズムを故意に甘く取った(P.349)」ビオラはうまくはないが、日本人にはうけがよかった。

    当初は番組・園子とも話題になるが、本当に音楽がわかっているといわれる人からバッシングを受ける。

  • #bookoff

  • 近所にいい感じの古本屋さんがあって見つけた本。本当はこの人の仮想儀礼という本が読みたかったが、古本屋なのでそんな都合良くあるはずもなく同じ作者のこの本を買った。

    この話が書かれたのは2006年とのこなとだが、今話題の佐村河内騒動+破線のマリス(野沢尚)っていうのが第一印象。

    本筋とは少し離れますが、作中内の音楽評論家のオーロラ輝子評の部分は非常に納得しました。

  • テレビ制作会社に勤める主人公はある日教会から聞こえてきたヴィオラの音色に魅せられる。
    その無名のヴィオラ奏者の悲劇的な人生を番組にする事によって彼女はたちまち有名になる。
    だが、彼女のヴィオラの演奏は音楽を勉強した事のある者には基本を無視した演奏だった。
    しかも彼女を引き合わせたレコード会社の社長が彼女と恋人同士だと知った主人公は裏切られたと感じる。

    すごくつまらない話だった。

  • ヴィオリストが心を癒してくれたと、ドキュメンタリー番組を作るが、細部の検証が足りずクレームがつく。演奏家に必要なのは優れた技術&表現力なのか、観客を感動させる稚拙な演奏法なのか。

  • ヴィオラ奏者をめぐる展開。
    分類としては社会派小説になるらしい。
    音楽界、コンクール事情、テレビ業界、レコード業界、
    評論家と大衆心理、週刊誌の中傷などなど、
    現実に起こりそうな出来事を背景を複雑に絡めて描く。
    こういう作品は、うまいなぁ。さすが、篠田節子。
    作品の印象は、「マエストロ」と似ている。

  • それまで歩んで来た軌跡をマスコミに取り上げられて、一躍時の人となったヴィオラ奏者。芸術とは何か、大衆に受け入れられるというのはどういういことか?主人公の柳原園子という女性のしたたかさは嫌な感じのものではなかった。

  • 自分の耳を信じることにする。

  • ◆あらすじ◆
    テレビ制作会社に勤務する小野は、無名のヴィオラ奏者・柳原園子の過酷な半生を知り、番組を制作する。
    園子のCDは爆発的に売れるが、一方でバッシングも噴出する。
    彼女の音楽は本物か、それとも自分が作り上げた虚像に過ぎないのか?
    小野が悩む中、園子が突然失踪し───。

全10件中 1 - 10件を表示

讃歌 (朝日文庫)のその他の作品

讃歌 単行本 讃歌 篠田節子

篠田節子の作品

讃歌 (朝日文庫)はこんな本です

ツイートする