おいぼれ剣鬼 御助宿控帳 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022645753

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お助人の話。結構軽くあっさり読める。
    構えや動きが詳細で興味深く読めた。
    私自身は詳しくないから分からなかったけど、室井が十文字斬り一辺倒で本当にこの人剣鬼?と思ってしまった。
    勧善懲悪ですっきりはする。
    あとは好みかな。

  • 鳥羽先生の好きな老人剣士
    でも、この作品は最終的に
    目的を達成していて気分がいい

  • 御助宿控帳第3作~品川から出てきた年老いた浪人は孫娘が攫われたと百獣屋に助けを求めてきたが,金はなく,自らも御助人になると志願をしてきた。年配ではあるが居合いの達人である。女衒が絡んでいるらしいが,手掛かりは深川という場所だけだ。大家の商人にからも同様の依頼があり,求められた身代金の半分を渡して猶予を稼ぐが,百獣屋の孫娘も攫われてしまう。背後には岡っ引きも懼れる深川の最大の顔役・訊兵衛が絡んでいると見て取り,的が絞られ,娘三人が捕らわれている料理屋が突き止められ,十文字斬りを得意とする室山という剣客の姿が浮かび上がる~順番に読んでますね。鳥羽さんの剣客春秋の続きを早く読みたいのだが,促成のチャンバラ捕り物では満足できないというもの

  • シリーズの前の巻は読んでいないのだが、帯買い。一見よぼよぼのおじいちゃん、しかしその実態は往年の凄腕剣士なのであった…はい、これだけでもう手が出るに決まってるわいな。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1946年、埼玉県生まれ。埼玉大学教育学部卒業。1990年「剣の道殺人事件」で第36回江戸川乱歩賞を受賞。ミステリーから剣豪・人情時代小説へと執筆の幅を広げ活躍中。

「2018年 『鬼の隠れ簔 新まろほし銀次捕物帳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おいぼれ剣鬼 御助宿控帳 (朝日文庫)のその他の作品

鳥羽亮の作品

ツイートする