愛しの座敷わらし 上 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.67
  • (69)
  • (189)
  • (171)
  • (23)
  • (0)
本棚登録 : 1357
レビュー : 116
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022646071

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 都市から田舎へ引っ越してきた家族。
    しかしその家には既に住人がいた…?

    「押入れのちよ」で可愛いちびっこ妖怪を描いた荻原さんの作品なので、全然怖くはないものの、いきなり出くわしたらびっくりするだろうなぁ…

  •  上下2巻の長編。映画化と同時に読みました。水谷豊の演じるお父さん、安田成美、橋本愛のイメージが浮かんだまま読んでいましたので、受け取り方が偏っているかも。
     荻原浩の作品は「千年樹」も読みましたが、本書はハートウォーミングなお話し。東北の田舎に出向?で引っ越してきた家族。初めは何でこんな田舎に!って感じでしたが古い家に住みついた座敷童の影響もあってか、徐々にギクシャクしていた家族も繋がっていきます。
     DVD借りて映画ももう一度見てみたい。ずっと広がる緑の田んぼのに囲まれた皆に「ふぅあぁぁぁ----」と座敷わらしの声が聞こえてきそうです。

  • 短編集「押入れのちよ」の可愛いお化けと「ビューティフルライフ(短編集『さよなら、そしてこんにちは』に収録)」の家族譚を合わせて再構築したかのような話。とはいえ両方とても好きな話だったので、ガッツリ心を鷲掴み。ダメダメなお父さんと空中分解寸前の家族が現実から逃げるように引っ越した先の家に住み着いている座敷わらしとの触れ合いのなかで素敵に変わってゆくというメルヒェン&ファンタジー。上巻は登場人物紹介とその世界観の紹介で展開される。さぁ、これからどうなる?萩原のこういう物語やテンポの良い軽口語りは大好きだな。

  • 父親の頼りなさと考えの浅さが非常に気になるけど 笑、色々な煩わしさもはらみつつ、家族の問題が最終的には少しずつ解決していくんではないだろうかと思わせる雰囲気。
    続きが楽しみ

  • 登録500冊目。

    久しぶりの荻原作品です。
    田舎暮らし。
    庭にネギやらっきょうを植える生活。
    羨ましいー。憧れます。

    私の家のクローゼットにも座敷童いないかしら!

    『一メートル先にいる家族のことすらわかってやしない』オヤジ。
    家族って時に他人の様に遠くなる事もあるけど、やはりそれでも愛おしい。

  • 映画「HOME 愛しの座敷わらし」の原作です。
    ほのぼのとする一冊です。(横山)

  • 今度映画になったということで読んでみた。
    田舎のおんぼろ一軒家に住むことになった壊れかけの一家に、「座敷わらし」を通して変化が起こっていく。

    「家族再生モノ」は、まあよくある話かなぁと思いながらも、最後まで気になって読んでしまう。
    夫婦、友人、老い…いろんな要素がからんでいて、けっこう面白い。
    後編も読み中。

  • 食品メーカーに勤める一家の主・晃一の左遷から、田舎の古民家に引っ越した高橋家。夫の転勤に辟易する史子、友達のいない長女・梓美、過保護気味の長男・智也、同居の祖母は認知症かも知れず…しかもその家には、不思議なわらしが棲んでいた。笑えて泣ける、家族小説の決定版。

  • 座敷わらしがめちゃくちゃかわいい

  • 泣けます

全116件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1956年、埼玉県生まれ。97年『オロロ畑でつかまえて』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。2005年『明日の記憶』で山本周五郎賞を受賞。16年、『海の見える理髪店』で直木賞を受賞。他に『神様からひと言』『僕たちの戦争』『さよならバースディ』『あの日にドライブ』『押入れのちよ』『四度目の氷河期』『愛しの座敷わらし』『金魚姫』など。

「2019年 『ストロベリーライフ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荻原浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂幸太郎
宮部みゆき
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

愛しの座敷わらし 上 (朝日文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×