ひよっこ茶人、茶会へまいる。 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.30
  • (1)
  • (9)
  • (9)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022646187

作品紹介・あらすじ

京都で紛れ込んだ正式なお茶会。そこには、当然のように作法をこなす小学生の男の子がいた。一方、自分の手には、ティッシュまみれになったお茶菓子が…。このままじゃいけない。一念発起して茶道の門を叩いた著者が、素人ゆえの無邪気さで描く、茶道ほのぼのエッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 粗茶一服シリーズの完結に伴ひ、読んでみることに。
    どれほど彼女がお茶に魅了されたかはシリーズを見ればわかるが、さうした体験の底に、ここで書かれた茶人の奮闘記があつたことは間違ひない。お茶が底のない面白いものであるといふことが具に感じられる。
    茶人ではあるが、彼女は「ひよっこ」。変なものは変だし、おかしいものはおかしい。さういふことに敏感でゐられる。子どもや流派に首つたけではないから、吸収することが樂しめる。かういふ樂しみ方もできるといふのが、「ひよっこ」ならではだと思ふ。
    道といふものは、ある意味で同じ道にたつてゐるといふことでもあるから、ひとりでは決してなりたたぬものである。茶をふるまふ、おもてなす相手がゐなければ、茶の道などなかつただらう。おもてなしたいひとが少しずつ集まつて、連綿と続き、やがてひとつの道になる。そこには出会ひもあれば別れもある。さうして響きあひ、道はまた續いてゆく。さうしためぐり合ひの場として茶道が生きてゐることに驚きを覚え、頭が垂れる。
    茶道をはじめて時期二十年にならうとしてゐる。ひよっこの成長は、きつと茶会に現れてゐると思ふが、作品となつてまた新たな樂しみを見せてくれる。

  • お茶っていいよねー。
    でも社会人になってからも続けるのはなかなか難しい。
    お金とか人づきあいとか。

  • ここにでてくるML茶会では正客になることも前向きに書いてあってよかった。
    同じお稽古仲間の男性(30代)はどうしても断れなくて正客に行ったら、先生にめちゃめちゃ怒られてた。流派にもよるのかな。

  • 「ひよっこ茶人 茶会にまいる」by 松村栄子

    お茶のお稽古仲間から貸して頂いた本。軽妙な語り口もあって面白かった。思わず声に出して笑う場面も。

    手探りでお茶の世界に入っていく様子もよ〜く分かるし、何より全国のお茶仲間とMLで繋がってからの活動の幅には驚かされる。

    お茶って、先生の茶室でお稽古し、高尚な雰囲気のお茶会に参加するというようなイメージだけど、このML仲間の人達は違う。

    いろいろな流派の人達だけど、それぞれが本当にお茶が好きで、手狭なマンションに茶室を作ってみたり、茶杓を削り、好きな道具を見立ててお茶会を開く。

    特に横浜、名古屋、飛騨高山、京都でのオフ会と称するお茶会の準備の様子を読みながら、「もてなす」ってこういうことなんだなとうっとり。いい人達の集まりだ。

    私はまだ、ここまではのめりこめず、いわゆる通い稽古で手一杯だが...

  • 「玉手箱」の文庫バージョンだった(^_^;)

  • こんな出会いもあるんだなあ。いいなあ。
    お茶はもっと楽しまないとなあ。

  • お茶のMLをやっている人の個人的茶道体験記。どちらかといえば和より洋の方が好きだった著者のまさに0からの出発。 現代のお茶の楽しみ方はこんなのか、と参考になる。 巻末にいろいろな流派の紹介が載ってるのは必見。こんなに流派があるとは知らなかった。

  • 面白そう。
    読了。ものすごく楽しそうに思えて来たけど、やっぱり僕には無理。
    何も知らずに京都高台寺茶会夜話に参加した時のことを思い出し、赤面、脂汗が出る。でもお茶のことって読んでいると面白いのは何故だろうか。

全9件中 1 - 9件を表示

松村栄子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
冲方 丁
山本 兼一
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする