耶律徳光と述律 上 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022646309

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「李嗣源」に続く中華歴史物語シリーズ第3弾。相変わらず登場人物は多いのですが、前作ほどではないので何とか付いていけました。今回の主人公は耶律堯骨(やりつぎょうこつ)。上巻では彼が契丹の国王となり、中原に迫るまでが描かれます。

  • 五代史シリーズの、五代でも十国でもない契丹遼の太宗とその母后。
    前作主人公李嗣源死後の後唐ボロボロ状態に諸行無常を感じた。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1973年、大阪府生まれ。信州大学人文学部に入学後、北京に留学。2年間を海外で過ごす。2006年『夕陽の梨―五代英雄伝』で「歴史群像大賞」最優秀賞、また同年『僕僕先生』で「日本ファンタジーノベル大賞」大賞を受賞しデビュー。「僕僕先生」「千里伝」「くるすの残光」などのシリーズをはじめ、歴史・警察・伝奇など様々なジャンルを書いている。

「2018年 『飯綱颪 十六夜長屋日月抄』 で使われていた紹介文から引用しています。」

耶律徳光と述律 上 (朝日文庫)のその他の作品

仁木英之の作品

ツイートする