早刷り岩次郎 (朝日文庫)

著者 : 山本一力
  • 朝日新聞出版 (2011年10月7日発売)
3.78
  • (3)
  • (9)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :62
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022646323

作品紹介・あらすじ

深川で版木彫りと摺りを請け負う釜田屋岩次郎は、速報を重視した従来とは全く異なる瓦版「早刷り」を目指していた。一方、それを快く思わない本所の瓦版屋・初田屋昌平は悪辣な妨害を始める…。江戸の職人気質を存分に描く痛快長篇時代小説。

早刷り岩次郎 (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本作は「幕末のカリスマ経営者・起業家の奮戦」で、「日刊紙の“はじめて物語”」という感で愉しい他方、「企業間または企業対権力の“対決”」がスリリングで、更に「現代にも通じる仕事や人の在り方」のようなモノを問うかのような内容まで含まれている。非常に面白い作品で、多くの皆さんにお奨めしたい。

  • 2013/05/22読了
    いまいち

  • 早刷り、という業界だけではなく、仕事に対する姿勢だとか、
    思いの熱さを感じることのできるお話。
    仕事というものは、やはり誰かと一緒にやるのだ、ということが、
    とても大きなことなのだろうと思う。

  • 江戸の時代に興した新しい商売
    早刷り
    毎日の出来事を聞き集めて、文字がよく読めない人にも解るように挿絵を多用して作った瓦版を毎日売る。
    そうまるで 新聞 のよう。
    売り人が立つ場所に、欲しい人が集まって買う。
    情報が命なのは同じ。人が欲しいと思える情報をいかに沢山集められるか。いかに伝わるような記事にするのか。
    率いる親方は大変だけど、売れる 早刷り を見るのは嬉しそう

  • 江戸時代のメディア、瓦版屋のお話。面白かった。

全5件中 1 - 5件を表示

早刷り岩次郎 (朝日文庫)のその他の作品

早刷り岩次郎 Kindle版 早刷り岩次郎 山本一力
早刷り岩次郎 単行本 早刷り岩次郎 山本一力

山本一力の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山本 一力
有効な右矢印 無効な右矢印

早刷り岩次郎 (朝日文庫)はこんな本です

ツイートする