司馬遼太郎の幕末維新Ⅰ 竜馬と土方歳三 (朝日文庫)

  • 朝日新聞出版
3.38
  • (2)
  • (8)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 63
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022646484

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1962年6月「竜馬がゆく」の連載スタート、そして11月には「燃えよ剣」の連載が始まる。
    この1962年 昭和37年はあの司馬幕末ワールドの始まりの年です。

    それまでは、地元土佐でさえ光が当たることのなかった竜馬、そしてどちらかといえば幕末の暗殺集団と捉えられていた新撰組。
    この二つの幕末の人間模様を司馬史観が描き始めたわけです。

    「竜馬がゆく」は高校時代と10年ほど前の二度ほど読み、「燃えよ剣」は未だ読んでいない。
    読む本はたくさんあるが、「燃えよ剣」「新撰組血風録」を読み、その後「竜馬がゆく」8巻にいきましょうかねぇ。

  • 新撰組が知りたくなった。

  • 竜馬にまつわる話、土方歳三にまつわる話、何度聞いても楽しい。新撰組については、あまり興味がなかったが、これから読み直してみようと思う。

  • これ、司馬遼のエッセイまとめじゃないのか…本屋で開いたところが悪かった失敗。

全4件中 1 - 4件を表示

週刊朝日編集部の作品

司馬遼太郎の幕末維新Ⅰ 竜馬と土方歳三 (朝日文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする