祝魂歌 (朝日文庫)

制作 : 谷川俊太郎 
  • 朝日新聞出版
4.44
  • (9)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022646552

作品紹介・あらすじ

3・11の前も後も私たちを深く慰める、死者との別れをめぐる30の詩。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 谷川俊太郎が編者をつとめ、「死」に関する詩を集めた本。2003年に刊行され、2012年に文庫化。

    この本におさめられている詩のような、穏やかな死でありたい。ただし、解説にも書いてあった通り、それだけではないことを知ってしまった。確かに、死について考え、何かを残せる人は時間がある人なのかもしれない。

    でもだからこそ、これらの詩にひかれるのかも知れない。

  • この文庫には伊藤比呂美の解説がついて、このアンソロジーの味わい方を教えてもらえる。解説まで読みおえると、またはじめから読み返さずにはいられない。そして本棚に居場所を作る、そんな一冊。

  • 編者の詩がやはり秀逸。あらためて味わい深いのは中原中也か。

  • 谷川俊太郎が選んだ30篇の詩(自作も含む)。
    タイトルからは吉野弘の詩を想起させるが、テーマは死者との別れ。ドキッとするような吉野の詩も含まれている。しんみりというよりは、心を静かにさせるような詩が多数。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

谷川俊太郎(たにがわ しゅんたろう)
1931年、東京生まれ。父に、哲学者・谷川徹三。現在の東京都立豊多摩高等学校を卒業し、1948年頃から詩作の活動を開始。1952年第一詩集『二十億光年の孤独』出版。以後詩、エッセー、脚本、翻訳などの分野で多岐に渡る活躍を続けている。
翻訳については、ジーン・ウェブスター『あしながおじさん』や『スイミー』、ゴフスタインの絵本の数多くを手がける。詩集に『ことばあそびうた』、『みみをすます』、『日々の地図』、『はだか』、 『世間知ラズ』など、エッセー集に『散文』、『ひとり暮らし』、絵本に『わたし』『ともだち』『もこ もこもこ』、詩集に『シャガールと木の葉』、『すき』、『詩の本』、『トロムソコラージュ』など。
萩原朔太郎賞、鮎川信夫賞、三好達治賞、朝日賞など多くの受賞歴がある。

祝魂歌 (朝日文庫)のその他の作品

祝魂歌 単行本 祝魂歌
ツイートする