記憶のつくり方 (朝日文庫)

著者 : 長田弘
  • 朝日新聞出版 (2012年3月7日発売)
4.21
  • (7)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :80
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022646569

作品紹介

まだ死を知らぬ頃に体験した、祖父の火葬の夜。肩車されて頭上に広がる世界。こんがり焼いたおにぎり。路地の奥。竹林。雨-。かつて経験し、ふとした隙に思い出される記憶。今も心の中で光を放ち続ける情景を描く24篇の詩は、わたしたちの人生の一瞬の輝きを照らし出す。

記憶のつくり方 (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 長田弘が紡ぐ言葉は、静かに心の底に落ちて行く。

    私が、ハードカバーも文庫(数冊しか出てませんが)も買う数少ない書き手です。

  • 懐かしいあたたかさを感じた。
    20代の今ですら、こんなにも懐古的な気持ちになったのだから、
    もっと年を重ねた後に読み返したら
    さらに心に沁みるのだろう。

    幼い頃の「ジャングル・ジム」、「肩車」。
    今の自分と重なる「海を見に」「自分の時間へ」。
    「雨の歌」「みずからはげます人」のような感性をもつ大人になれるだろうか。

    言葉には無限の可能性があること。
    言葉では言い表せない世界があること。
    日常の小さな光に気づきながら、一日いちにちを過ごしたい。

    (あと、装丁が素敵。)

  • 記憶とは、流れさった過去のものではなく「流れさるものがそこに映す影像」。幼い頃からの記憶が、丁寧で詩的な言葉で綴られている。祖父の火葬、路地裏の暮らし、かたく握られたおにぎり、、、何気ない日常の中の形なき影像を言語化する能力は、さすがだと思った。

  • この文庫本を買った時、その小さな書店のおやじさんは、とても丁寧にカバーを折ってつけてくれた。
    読み終わって本棚に入れる時、たいてい、この紙カバーというやつははずしてしまう(背表紙が見えるように)のだが、この本だけは、あんまり丁寧に折られているので、ずっとつけっぱなしだ。
    そんな‘記憶’も含めての「本」なんだなあ。

  • なんだか懐かしくて深くて、一人の時間にゆっくりと読みたい詩集。言葉にならない感覚を、文字にしてしまう長田さんのアーティスト的な感受性が溢れている。大好きな詩集。

  • 長田さんの詩は少し説教臭いのが苦手。
    しかし本書は詩というよりもリズム感のある随筆といった雰囲気で読み応えがある。

  • 桑原武夫賞を受賞した詩集です。
    〝記憶とは過去ものではなく、むしろ過ぎ去らなかったもののこと〟と、あとがきにありますが、とても納得させられる言葉です。
    普段は忘却の彼方にある、どうでもよい、取り留めのないことが、ふと思い出されたりします。大凡のことはみんな忘れてしまうのに、なんでもない些細なことが胸の奥底に眠っていたりするのは、いったいどういうことなんでしょう?もしかすると人は、そんな些細なことの積み重ねで形成されているのかもしれませんネ。

  • 記憶と共に生きている。
    記憶は、時として、その人そのものだ。

  • 散文のようだけど、読んでみると言葉のひとつひとつが研ぎ澄まされていて、やっぱり詩かなと思う。本人によるあとがきには、詩とされるなら詩、エッセーならエッセーと書いている。

    「おにぎり」、「海を見に」が気に入った。

全9件中 1 - 9件を表示

記憶のつくり方 (朝日文庫)のその他の作品

記憶のつくり方 単行本 記憶のつくり方 長田弘

長田弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
三浦 しをん
村上 春樹
長田 弘
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

記憶のつくり方 (朝日文庫)はこんな本です

記憶のつくり方 (朝日文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする