f植物園の巣穴 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.62
  • (54)
  • (125)
  • (113)
  • (24)
  • (5)
本棚登録 : 1217
レビュー : 148
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022646675

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『家守綺譚』が良かったので、似ていそうな本書を購入。文体は古風だけれど、内容は児童文学のファンタジーを大人が体験するような趣。好みの問題だと思うが、次第に全てのピースが合わさっていく感じが予定調和に感じるし、全体に単調に感じて、あまり気持ちを動かされなかった。著者は『西の魔女が死んだ』から一貫して、生死という重いものをテーマにしながら温かい目線を持っているなとは思う。

  • 暗喩と隠喩、植物と水で作られたモザイク。
    それぞれ形は異なるもののなめらかに繋がり一つの美しい均衡を成す。

    あー、なんだかよくわからないけれど救われた気がする。おだやかにゆるやかに繋がって連なって辿り着く全体像のなんと美しいこと、まやかしもあやかしも渾然一体となって一本の糸に布になる快感。
     読み返せばきっと意味が違ってくる情景を溶けてしまった飴玉みたいに味わっている。
    あー面白かった。

  • 動植物の描写が丁寧なこの作者らしく植物名が多々挙げられていてイメージがふくらむ。お話の主題的には、植物園より水生植物園や湿性花園のほうが嵌りそうにも思ったけれど、むしろ一般的な植物園の中に「隠り江」をおくことの意味合いを強く受け取っておくべきかなと。

  • 梨木果歩の小説は境界が曖昧だ。隣を見れば異世界。親しい人は幽霊。
    今回はそれが顕著で、まるで夜明け近くの夢の中にいるようで、はっきり筋が通っているようなのに現実味が欠けている奇妙な感覚だった。
    村田も家守もわりと時間をかけて読んだが、半年以上かかるとは予想だにしなかった。
    面白いが入り込むまでに時間がかかり、そこから浮上するのにも時間がまたかかる。
    本当なら自分一人の時間が楽しめる場所でゆるゆる読むべき本なのだが、あいにくそんな贅沢な時間は持っていない。
    しかし、千代たちについては彼の記憶は生々しい。そこだけ妙に精彩だ。
    最後にはすべて明かされ、ものすごく納得しました。
    やっぱりあのシーンと、千代さんとの思い出は泣いてしまいました。
    全体的に和風を強くした「裏庭」ぽいです。

  • 梨木果歩の和風「不思議の国のアリス」みたいな。

  • 何処からが現実で何処からが夢なのか、曖昧な世界観から話が始まり、不思議な生き物と主人公とのやり取りに最初は頭にクエスチョンマークがたくさん浮かびました。文体も時代性を表すためか擬古文で、最初は取っつきにくい。私は梨木さんの文章が好きだし、期待を裏切られたことがないので信頼して最初の取っつきにくさを堪えて読みました。中盤くらいから現実と夢の欠片がパズルのピースのように合わさり始め、最後はやっぱり梨木さんらしい終わり方で読まされました。最後は感動して終われるので、読んで後悔のない作品でした。

  • 歯痛を抱えた植物園の園丁が、園内の椋の木の虚にふと落ちた事が切っ掛けで、夢現のあわいの世界に惑い込む。
    そこで彼が見つけたものとは…。

    しかしどうしてこの人の話は優しいのだろう…カリカリに凝り固まっていたものが読み終わる頃にはすっかりほぐされているような気分。
    読み終わった後、ふと顔を上げた視界の、窓から垂れる雨の雫や聞こえる蛙の声にはっと新鮮ささえ覚える気持ちにさせられます。

  • 梨木ワールド。濃密で、意味が見えなくて、読み進むのが辛いが、後半で一気に世界が開けてくる。命という根っこを持つこころの機微を描き切る。誰かを深く想う気持ちとそれを失った時の受け容れ難さ、そして蘇生まで物語る。見事。

  • 梨木香歩のf植物園の巣穴を読みました。

    植物園に勤務している主人公の男性が一人語りで物語を語っていきます。
    犬になってしまう歯科医の「家内」や、水辺に住んでいるカッパのような男の子と言った人々が登場する、現在と過去が混然とした物語なので、夢の中の物語なんだろうな、と思って読んでいきました。
    夢の中だったらこんな風に場面が展開し、抑圧された自分の記憶が明らかになっていくということもあるよなあ、と思うような物語でした。

    最後はちゃんと目が覚めてほっとする展開なのでした。

  • 久々に読んだ梨木さん作品。
    この人の作品を読むと、読後に優しい、ふわふわしたような感覚を得られるからすきです。

    現実と異界を、不安感と喪失感を携えながら主人公と共にゆらゆら旅している気分になりました。

全148件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

梨木 香歩(なしき かほ)
1959年、鹿児島県生まれの小説家、児童文学作家、絵本作家。
『西の魔女が死んだ』で日本児童文学者協会新人賞を受賞。映画化もされたこの受賞作が最も著名な代表作となる。
ほかに新美南吉児童文学賞、小学館文学賞を、『裏庭』で児童文学ファンタジー大賞、『渡りの足跡』で読売文学賞随筆・紀行部門をそれぞれ受賞。
受賞作以外の代表作として、『家守綺譚』、『沼地のある森を抜けて』、『ぐるりのこと』などがある。

梨木香歩の作品

ツイートする