人工疾患 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.00
  • (2)
  • (8)
  • (16)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 110
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022646743

作品紹介・あらすじ

ミステリー作家のさおりが出会った、7歳の少年ユウキ。その面影に既視感を覚えるさおりだが、自分の幼少時代を知るかのような彼の言動に疑念を深めていく。やがて、ユウキの生い立ちを探り始めたさおりは、あどけない笑顔の裏に隠された悲愴な真実を知ることになり…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いやぁ〜金田一少年の事件簿を見てる気持ちでした!

    小説家の石川さおり。
    小説が行き詰まってるのにも関わらず、近所に住むある家の家政婦と少年にのめり込んでいく。

    その少年は、昔遊んでいたユウ君にそっくりだった。

    実際にユウキみたいな病気があるのだろうか。
    金田一では、洞窟に閉じ込められた少年が、自身の成長を止めてしまうっていう精神の病気だったけど…。

    アニメ好きな自分は、見た目は子供、頭脳は大人!その名は!!みたいなことを頭で考え始めてしまったからか、自分には凄く楽しめた作品でした。

  • スイスイ読めて、面白くはあったんだけど、なんか色々書き切れてないというか。私が行間で判断すればいいだけの話か?

  • 読みやすかったけど、展開が分かり易すぎた。

  • うーーーん、筋が大体読めてしまいました。残念。
    また、「そんなわけないやろー!」とつっこんでしまった。www
    二時間ドラマと思えば面白いです。

  • 遺伝子操作され 成長ホルモンを止められて 子どもの身体で脳だけは大人になっているというサスペンスです
    現代 医療で遺伝子治療というのも、行なわれているのかもしれないけど、犯罪に繋がるのも紙一重なのでしょうね。
    すごく引き込まれて あっと言う間に読んでしまいました。
    他の作品も読んでみようと思う

  • 体の成長が止まる薬を飲まされた人間と2流作家を中心としたサスペンス

    軽いノリで読めた

  • 展開は割と読めるかんじだけど、おもしろかった(´ω`)

  • 久しぶりに手に取った仙川氏の小説。
    さらっと読めるのはよいのだけど、ちょっと物足りないかな。
    主人公のお人好しぶりには好感が持てたけど。

  • なぜこれ手にとったんだろうか?

    まったくおもしろくない。阪大医学部なんだが、話は医学っぽくないし、雑な感じ。失敗だ‼

全10件中 1 - 10件を表示

プロフィール

仙川 環(せんかわ たまき)
1968年、東京生まれ。大阪大学大学院医学系研究科修士課程修了。1993年に日本経済新聞記者となり、医療技術、介護、科学技術の分野を担当しながら小説を執筆。2002年に『感染』で、第一回小学館文庫小説賞を受賞しデビュー。
代表作にテレビドラマ化された『終の棲家』。

仙川環の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする