吸血鬼ハンター25 D-黄金魔(下) (朝日文庫)

著者 : 菊地秀行
制作 : 天野 喜孝 
  • 朝日新聞出版 (2012年12月7日発売)
3.31
  • (2)
  • (7)
  • (14)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :76
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022646927

作品紹介

"神祖"に愛された貴族の居城まであと少しというところで、Dたちの行く手を阻むように忽然と町が現れた。その町には、数分前まで人々が活動していた形跡があるものの、何者かの手によって一瞬のうちに幽霊町にされてしまったのだ。そして魔手は一行にも向けられ、彼らの眼の前で操獣師のトーバが消失してしまう。大きな戦力を欠いたまま貴族の城に乗り込まなくてはならなくなった人間たちの運命は!?"黄金魔"編、完結。

吸血鬼ハンター25 D-黄金魔(下) (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まだまだ続く【神祖】が登場しない限り。

  • シリーズ約10年分纏め読み。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/13966198.html

  • あっという間に読み終わりました。感想は上巻に書きました。

  • いつもの通りのDと左手。
    ただ、今回は借金取りと一緒と言う設定が面白かった。
    それと終わり方はイマイチだった。
    駆け足で終わらせた感じ。

  • 神祖がしゃべった話については、もうあまりにも予想どおりのネタで正直がっかりだけど、どのシリーズも完結というはっきりした終わりを書かない作者だけに、Dだけは直接対決で完結することを信じて今後も読んでいく予定。新シリーズよりも、これまでの数々のヒーローのシリーズをキッチリと完結させてくれることを祈る。

  • 本来、経済的なものからは超越していそうな貴族に金銭の観念を取りこみ、マンネリズムという泥濘であがいているかのように思われるが、やはり無理が多い。相変わらず何のために登場しているのか分からない人物が多数散りばめられ、伏線かの様に語れられるエピソードも全く収斂させないまま、唐突に話が終わるのは相変わらずである。ただし確かにマンネリということからすると、何故か守銭奴として何物をも敵に回してもひるまない爺さんとかは今までに無いキャラではある。ただし、そういったプラス要素を勘案したとしても、金という統一した評価軸で人間も貴族も十羽一絡げにしてしまったため、貴族が人間くさくなり、敵としての超越性が損なわれており、本筋から逸脱してしまいそうである。大いなるマンネリに染まるか、冒険するかでいうと後者の方が挑戦的ではあるが、本作では成功しているとは言えない。

  • ちょっと、終わり方があっさりしすぎかも。。。

  • グレイランサーを出してきたあたりから吸血鬼と人間を同一視しはじめてるのではなかろうか。

    人類の「敵」「超えるべき過去の支配者」として設定されてるはずの吸血鬼が妙に人間くさくて。

    ラスボスの影が見えはじめてきたけど、ま、おわらんでしょ。
    作者のライフワークと化しているし。
    ・・・<新宿>もあるし、どっちか切るかな?

  • 2012/12/10購入。出てるの知らなかった。

全9件中 1 - 9件を表示

吸血鬼ハンター25 D-黄金魔(下) (朝日文庫)のその他の作品

菊地秀行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする