天海の秘宝 上 (朝日文庫)

著者 : 夢枕獏
  • 朝日新聞出版 (2013年6月7日発売)
3.71
  • (3)
  • (10)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :57
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (378ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022647061

作品紹介

【文学/日本文学小説】ときは安永――。江戸では「宮本武蔵」と名乗る辻斬りが出現し、凶悪な強盗団「不知火」が跳梁跋扈していた。からくり師・堀河吉右衛門は親友の剣豪・病葉十三と怪事件の真相究明に立ち上がるが……。奇想満載の伝奇時代小説。《解説・高橋敏夫》

天海の秘宝 上 (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 上下巻を読み終えて。いやあまさかそんな手でくるとはw 夢枕ワールドならば確かに何でもありですが、『からくり』の域を軽く飛び越えてくるとは思っていなかったので驚きました。いつもの自画自賛の笑える「あとがき」を読んで、なんとなく納得(?)。
    それにしてもいつものごとく、キャラクターが面白い。つか「ほらえもん」って子供に連呼させるあたり、どうみても国民的漫画のアノ『猫型ロボット』を想起してしまうしw 四次元ポケットの代わりは、あの~~だろうか?などと想像せずにいられない。見た目優男な剣豪の十三も、お千代も、甚太郎も愛すべきキャラクターだし、敵役の不知火一味はどいつも極めつけに厄介な手だれ揃い。若かりし頃の鬼平まで登場する、贅沢尽くしな時代活劇♪
    やっぱり夢枕獏作品は、読まずにはいられない♪

  •  夢枕獏 著「天海の秘宝(上)」を読みました。

     江戸時代、からくり師・堀河吉右衛門と親友の剣豪・病葉十三が天海の秘宝をめぐって怪事件の真相究明に立ち上がる。

     上巻では、怪しい強盗団と宮本武蔵と名乗る怪剣士が江戸の町を跳梁跋扈し、吉右衛門と十三が巻き込まれ、ついに立ち向かうところまでが描かれています。

     一体、天海の秘宝とは何なのか、江戸の町はどうなってしまうのか、謎が謎を呼び、この対決がどうなるのか、下巻が楽しみです。

     また、怪剣士との対決など剣の闘いも迫力満点に描かれ、楽しむことができました。

     安倍晴明と源博雅の二人とは違う、新たなコンビの活躍を下巻でも楽しみにしたいと思います。

  • 本所の銕にニヤリ

  • 面白くなるのでしょうか。

  • ファンタジーもしくは伝奇小説ぽい出だしだが、すぐに普通の時代小説らしくなる。しかし、それも「武蔵」を名乗る辻斬りが出てくるまで、だんだんと奇想天外な話になっていく。

    夢枕獏さんらしい物語になっている。時代小説だけど伝奇小説

  • からくり師・堀河吉右衛門と剣豪・病葉十三が江戸を舞台に宮本武蔵を名乗る辻斬り、強盗団・不知火を巡る怪異に迫る。

    なかなか面白い伝奇小説なのだが、上巻を読んだ限りでは、まだまだ真相が見えて来ない。

全6件中 1 - 6件を表示

天海の秘宝 上 (朝日文庫)のその他の作品

夢枕獏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

天海の秘宝 上 (朝日文庫)はこんな本です

ツイートする