新装版 極北クレイマー (朝日文庫)

著者 : 海堂尊
  • 朝日新聞出版 (2013年10月8日発売)
3.49
  • (14)
  • (27)
  • (33)
  • (9)
  • (2)
  • 本棚登録 :374
  • レビュー :17
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022647207

新装版 極北クレイマー (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久々に海堂さんの本を読みました。
    財政難にあえぐ極北市民病院に非常勤外科医として赴任した今中。
    いくらなんでもこんな病院はないでしょう~と、思いましたが・・・
    作中には懐かしい名前がチラホラでてきます。
    面白かったのですが、1冊の本の中にぎゅっと詰め込まれ過ぎているような気がします。
    問題に対して「解決!」というスッキリ感が得られず、「あれ?これで終わり?」と何となく消化不良な気分が・・・

  • 日常生活を健康に過ごしている限り、病院はほとんど縁のない場所だ。
    けれど、どうしても必要があって病院に行かなければならないとき、選択肢はあまりにも狭く、基準となる知識もない。
    あたり前のように「病院の世話になる」といった言葉がまかり通る現状。
    患者と医師は対等ではない…という潜在的な思い込みがそこにはある。
    医療をビジネスだと捉える人たち。
    病院はあくまで単なる職場であり、出世競争に汲々としている人たち。
    そして、自分たちにとって大切なことなのに医療に対して無知すぎる人たち。
    誰が正しくて誰が間違っているのか。
    出産にトラブルはつきものだ…と母親は言う。
    いつの間に何事もなく出産することがあたり前になったのだろう…とも言う。
    でも、病院で出産するのだからそれほどの危険性はない!!と私は思っている。
    それは病院を特に信頼しているとかではなく、そういうものだと思っているからだ。
    医学の発展が安全神話を作りあげていく。
    でも、どんなに医学が発展しても実際に診療し治療をするのは人間なのだ。
    間違った先入観を持つことなく、少しでもおかしいと感じたら声をあげてセカンドオピニオンを有効に使いたい。
    海堂さんの作品を読むと怖くなるときがある。
    でも、きっと医療現場には今中のような医師がたくさんいるはずだ。
    そのことを信じたい。

  • バチスタシリーズはカレイドスコープまで全部読了済みなので、これがあのお噂の北の事件ね…!と。
    ここからもあちらこちらのシリーズに糸が張られていて、時にニヤリとしつつ。
    そうね…姫宮さんはやればデキル子なのよね!
    もうちょっと出番多かったら嬉しかった~。
    白鳥さんが出てこなかったのが若干残念(笑。

    それにしたって医療費滞納にはゾッとしたり。
    自分の命を預ける人達により多くを要求して、更に後足で砂をかけるようなことですよね…。
    解説を書かれている村上智彦さんの『医療にたかるな』を関連書籍として読んでみたいところ。

  • これがいわゆる“司法から医療への真珠湾攻撃”であるわけですか。 
    もうここまで振り切っちゃったらいっそのこと閉鎖してしまえとも思ってしまいますね。病院が無くなって存分に困り果てればいい。でも結局最後の方は開店休業状態でみんな別のとこ行ってるんだったら閉鎖したって市民は全然困らないんじゃないかとも思えてくる。 
    それにしてもあの清川がまさかあそこまでするとはちょっと見直してしまったじゃないか。 
    そしてあの世良さんがまぁ随分と痛快な人になってしまわれてなぁ。 
    姫宮だけが唯一の癒しです。 
    真実を知ることはできたのかな。 
    結論、いい女ほどダメな男に惹かれる。

  • キャラ設定は海堂作品らしい振り切った感じそのまま。地方医療、産婦訴訟の問題提起ありの、ただ最後は読者になげる印象の終わり方。

  • 2016/06/25購入。

  • 2015.12.9 ~ 16 読了
     地域医療の疲弊した現状が描かれる。妊産婦死亡事故で産科医が逮捕起訴されるストーリーは実際に起こった福島県の医師逮捕事件がモデルと思われる。医療側と遺族側の意識ギャップが大きく、インフォームド・コンセントの難しさが現れている。姫宮(氷姫)が雪だるま状態で出現する場面がマンガ的、凍傷は大丈夫か?

  • 極北大学から派遣された非常勤医・今中先生と、破綻しかけの地方病院・極北市民病院のお話。
    医療は平等ってのはウソで、田舎と都会ではちがうし、自治体にお金があるかないかでもちがう。あとは、お金をどこにかけるかとか。
    公共サービスを受けるのは、市民の当然の権利。だけど、何の責任もなく、何も関わることなく、ただサービスを受けて批判だけしてるのはおかしいよ。ってなことを書いてある一冊。
    反論してこないところに、人はいくらでも文句やわがままを言ってしまう。それは、市民として責任ある態度じゃない。ふむふむ

    あとは、時事問題としては「お産で人は死ぬ」。
    産婦人科医が傷害致死罪で逮捕された現実の事件への問題提起。

  • 読みましたー

  • この本単独でみるとシリーズ他作品にも登場する人物が思わせぶりになりがちだけど、地域医療の問題を詰め込んだお話として読ませるし、破綻するはずがないと思われていたものが破綻する空虚さが迫ってくる。解説村上智彦氏。

全17件中 1 - 10件を表示

海堂尊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 極北クレイマー (朝日文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする