本の魔法 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022647320

作品紹介・あらすじ

【文学/随筆】古井由吉『杳子・妻隠』、島尾敏雄『死の棘』、中上健次『岬』など、戦後を代表する文学作品の装画・装丁を手掛けた司修が、愛惜してやまない15冊の本についてつづる、「本の魔法にかかって、びりびりと感じたものの記録」。第38回大佛次郎賞受賞作。解説・堀江敏幸。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 不思議な読書体験だった。読み始めて、ああ、これはきっと読み終えられないという直感がまずやってきた。
    しかし、埴谷雄高、武田泰淳、島尾敏雄との交友録を読むにつれ、じわじわと面白くなってきた。こういう体験って珍しい。読めば読むほど面白いのである。
    たいてい自分は、読み始めてつまらない本は、終わりまでつまらないとい思っている。ところが、だ。読み続けてこそ面白さを実感できる本というのが、稀にはあるのだ。

  • 祝文庫化!

    朝日新聞出版のPR
    「【文学/随筆】古井由吉『杳子・妻隠』、島尾敏雄『死の棘』、中上健次『岬』など、戦後を代表する文学作品の装画・装丁を手掛けた司修が、愛惜してやまない15冊の本についてつづる、「本の魔法にかかって、びりびりと感じたものの記録」。第38回大佛次郎賞受賞作。解説・堀江敏幸。」

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

画家・作家。1936年、群馬県前橋市生まれ。1988年「バー螺旋のホステス笑子の周辺」で芥川賞候補、93年「犬」で川端康成文学賞、2007年『ブロンズの地中海』(集英社)で毎日出版芸術賞、11年『本の魔法』(白水社)で大佛次郎賞受賞。著書はほかに『紅水仙』(講談社)、『戦争と美術』(岩波新書)、『影について』(講談社文芸文庫)、『戦争と美術と人間』(白水社)、『孫文の机』(白水社)、『絵本の魔法』(白水社)、『幽霊さん』(ぷねうま舎)、『雁の童子』(作・宮澤賢治、絵・司修、偕成社)、『絵本 銀河鉄道の夜』(作・宮澤賢治、絵・司修、偕成社)など多数。1986年、池田二十世紀美術館で「司修の世界展」、2011年、群馬県立美術館で「司修のえものがたり―絵本原画の世界―展」を開催。

「2015年 『Ōe(おおえ) 60年代の青春』 で使われていた紹介文から引用しています。」

本の魔法 (朝日文庫)のその他の作品

本の魔法 単行本 本の魔法 司修

司修の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
木村俊介
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする