闇狩人 バウンティ・ドッグ (朝日文庫)

著者 : 矢月秀作
  • 朝日新聞出版 (2014年2月7日発売)
3.48
  • (3)
  • (10)
  • (12)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :80
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022647337

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学小説】米国の賞金稼ぎを参考に導入されたプライベートポリス制度。その腕利き・城島恭介は、百戦錬磨の元傭兵。恭介は若者同士の殺人事件の捜査を発端に、麻薬の利権を巡る闇組織同士の対立に気づく。命懸けの捜査の末に追い詰めた敵の正体!?

闇狩人 バウンティ・ドッグ (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 迷わず読めよ!読めばわかるさ!
    1人称版西部警察だなこりゃ。

  • もうちょっとミステリ色が強いかと思っていた……わたしには合わなかったかな。頭脳派が好きです。

  • サクサク読めて面白かった。

  • 単純明快なストーリー。『もぐら』も最強だったが、『闇狩人』もハチャメチャに強い。シリーズ化に期待したい。

  • オリジナルは知らなかったが、「もぐら」の大ヒットを受けてリニューアルして登場した作品らしい。主人公、最強。

  • 18

  • ピカレスク、ここに極まり!というくらいのド派手な作品。元傭兵のプライベート・ポリス・城島恭介が麻薬の闇組織と対決する。

    『もぐら』を彷彿させるようなアクション、単純明快なストーリー。はるか昔のB級映画を観るかのよう。

    シリーズ化されるかな。

全7件中 1 - 7件を表示

闇狩人 バウンティ・ドッグ (朝日文庫)のその他の作品

矢月秀作の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

闇狩人 バウンティ・ドッグ (朝日文庫)はこんな本です

ツイートする