縦横無尽の文章レッスン (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.45
  • (1)
  • (5)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022647405

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学】はがき一枚書くのも苦手な人へ──大学で開かれた実践的な文章講座。小学生の名作文から、童話や詩、世界の学者たちの愉快で過激な文明論まで、さまざまなテキストの面白さを味わい、書く。学生たちが書いた名文、迷文への作者のコメントが光る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者:村田喜代子 
    装丁・装画:南 伸坊

    講義の記録から成った本。単行本は2011年刊行。

    【目次】
    目次 [003-007]

    前期第1週 011
    前期第2週 034
    前期第3週 060
    前期第4週 083
    後期第1週 107
    後期第2週 134
    後期第3週 150
    後期第4週 173
    後期第5週 196
    後期第6週 219
    最後の授業 創作必携 242
     一 テーマをどう掴むか 243
     二 文体をどう作るか 247
     三 書く前は徹底的に調べる 248
     四 まず自分の目と耳で推敲する 250
     五 文章の中に空白はないか 251
     六 自分の癖を知る 252

    あとがき(二〇一一年 冬 村田喜代子) [256-258]
    解説(池内紀) [259-265]

  • 現役作家の視点で、説かれる文章レッスンは、その題材も面白い。メジャーとは言えない書籍から、作家の選択により選ばれて俎上に挙げられるテキストは、やはり、面白い。楽しく読める文章読本である。

  • 小学生の感受性豊かな作文に感心させられ、ぜい肉を落とした文章の美しさに魅せられ、そして翻訳のツボに納得する。文章の巧拙を左右する様々な要素が丁寧に解説されていて得るものが多い。各章に挿入される日記的な日常描写がなんともいえない味わい深さを醸し出している。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1945年、福岡県北九州市生まれ。87年、「鍋の中」で第95回芥川賞を受賞。90年、『白い山』で女流文学賞、92年、『真夜中の自転車』で平林たい子文学賞、97年、『蟹女』で紫式部文学賞、98年、「望潮」で川端康成文学賞、99年、『龍秘御天歌』で芸術選奨文部大臣賞、2010年、『故郷のわが家』で野間文芸賞を受賞。

「2014年 『屋根屋』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村田喜代子の作品

縦横無尽の文章レッスン (朝日文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする