嘆きの美女 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.76
  • (61)
  • (147)
  • (113)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 1174
レビュー : 120
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022647443

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 引きこもりのブス、その名も耶居子(やいこ)。幼少時代からジャイ子とからかわれて卑屈になっている彼女の楽しみは、美人が集って美人の悩みを言い合うサイト「嘆きの美女」を荒らすこと。それだけでは飽き足らず、サイトの美人たちの情報を収集して実生活まで荒らそうとしたところ、自分同様に彼女たちをストーキングする男を発見、身を挺して引っ捕らえる。そうしたら彼女たちを図らずも助けた形になり、負傷した耶居子は彼女たちが共同生活を送る邸で介抱されることに。

    美人が性格まで良かったら、ブスの心の折り合いがつかない。見た目だけだと決めつけて、気持ちのバランスを保っているというのは、悲しいかなそうなのでしょうか(笑)。顔のパーツじゃなくて、環境が美人をつくるといわれても、いやいや元の造作が悪ければ、どない頑張っても無理では。生まれ変わるとしたら私はやっぱり女がいいけれど、困るほどの美人になって、美人ならではの悩みを持ってみたかったりして。

  • 個性の強い登場人物たちと,一筋縄ではいかない物語の展開がとても面白かった。単純なサクセスストーリーではなく,紆余曲折ありながらも,最後にはスッキリとみんなが幸せになるところがよかった。

  • きれいに終わり過ぎ

  • サクサク読める。卑屈なまでに自分に自信がない邪居子。美女に対して攻撃する生活が、共に暮らすことによって、偏見を捨てる。更に自身も自信を持って独り立ちができるようになっていく。
    誰もが持ってるコンプレックスだが、他人にはなかなか理解してもらえないことへの苛立ち。
    毒を持っていても使い方によっては薬になる、ヤイコちゃんすごいぞ。

  • 柚木麻子全巻読破週間。女の意地悪さを書かせたら天下一品。同年代なので小ネタがわかって楽しい。ブスにはブスの。美女には美女の悩みがあるということか。でも、美人で性格悪い人ってあんまり見たことない。美人てだけで得するから、ひねくれることがないのかな。でもすごい美人だとそれはそれで大変そうだから、まあまあ美人だねって言われるくらいが世の中幸せかも。でも美人は周りを美しさで幸せにするから、美しいだけで価値があるよなあ。

  • ちょっと話がマンガチックに飛躍し過ぎている気がした。
    耶居子はともかくユリエの豹変っぷりが非現実的。
    あとがきで、ドラマ化されていることを知り、それはちょっと見てみたい気もするけど。

  • 引用したいセリフがたくさん。
    夫は私が作る料理を少なからずこう思ってるだろうな~とニヤニヤしてしまった。

  • 最初のドロドロとした入りから、
    最後のちょっとほほえましい主人公のその後まで
    一気に読める読みやすい話でした。


    読後感もいいです。


    嘆きの美女が、儚げな美女のまま終わらないのがいいですね。

  • 美女に対する主人公の考え方がなんとなくわかるなあと思いました。あそこまで卑屈ではないけども。
    途中だんだんきれい、というか清潔?になっていく主人公の様子が読んでて楽しかった〜!それと美女は美女でそれを保つためにがんばっているんだなあと思いました。
    個人的にはユリエがすきです、かっこいい。

  • タイトル通りの内容。

    結構笑えるところもあり面白い。でも女性向けなのかなって感じ。

    色んな人との交流って大事そう。

全120件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

柚木麻子(ゆづき あさこ)
1981年、東京都生まれの小説家。立教大学文学部フランス文学科卒業。2008年に「フォーゲットミー、ノットブルー」で第88回オール讀物新人賞を受賞し、2010念二同作を含む初の単行本『終点のあの子』を刊行。2014年に『本屋さんのダイアナ』で第3回静岡書店大賞小説部門受賞。2015年『ナイルパーチの女子会』で第28回山本周五郎賞受賞、直木賞候補に。2017年『BUTTER』で直木賞候補。2019年、『マジカルグランマ』が第161回直木賞候補となる。

嘆きの美女 (朝日文庫)のその他の作品

嘆きの美女 単行本 嘆きの美女 柚木麻子

柚木麻子の作品

ツイートする