週末は家族 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.85
  • (2)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022647559

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学小説】小劇団を主宰する大輔と瑞穂は、週末だけ里親として小学生のひなたを預かることになった。天才演劇少女のひなたを起用して、一風変わった人材派遣業をすることになるが──。ワケあり夫婦と親に捨てられた少女が紡ぐ新しい"家族"の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 思い込み、確かにそうだなって。
    自分自身の正しいと思っている基準がすでに思い込みなんだよね。
    色んなチームがあっていい、周りからは中々受け入れがたいものであっても自分達の幸せがそこにあったらいいんだ!
    気持ちは言葉にしなきゃ伝わらない。
    勇気をもらえる一冊。

  • かりそめの家族の物語。
    大介と瑞穂は結婚しているものの、単に生活上の方便であり、実態は気の合った同居人。その二人がひなたという10歳の少女の週末里親になり。。。
    ひなたの演劇の才は生きるために磨かれた嘘。しかし、育児放棄した実の母に対し見せる諦めという本音は世間の常識に受け入れられず。それに気づいた大介と瑞穂は。
    最初はバラバラだった三人が、普通の家族とは違うけれど一つのチームとして信頼関係を築いて行く姿が心地よく。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

作家

「2016年 『手の中の天秤』 で使われていた紹介文から引用しています。」

週末は家族 (朝日文庫)のその他の作品

週末は家族 (朝日文庫) Kindle版 週末は家族 (朝日文庫) 桂望実

桂望実の作品

ツイートする