宿神 第一巻 (朝日文庫)

著者 : 夢枕獏
  • 朝日新聞出版 (2015年3月9日発売)
3.69
  • (3)
  • (6)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :54
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022647696

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学小説】のちの西行こと佐藤義清と平清盛。若き日の二人は北面の武士として友情をはぐくむが、ある夜、謎の存在に窮地を救われた時からその運命が大きく動き始める……。巨匠が描く、大河伝記絵巻、待望の文庫化!

宿神 第一巻 (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 佐藤義清(西行)の話。歴史物の体を借りた恋愛物。そこは稀代のストーリーテラー夢枕貘が素晴らしい小説に仕上げていて満点。

  • 「陰陽師」とは違う。「宿神」は愛憎劇だ。平安時代末期の公家・武士の社会、西行、平清盛らの人物像を鮮やかに生々しく描く。演出も見事。巧みな文章は、まるで観ていたかの様に風景、温度、光と闇、音、風、匂い、時間の流れまで写し出す。まったく、著者の創作力には舌を巻く。あと三冊あるのが嬉しい。

  • 2015/9/15購入

  • 普通。
    清盛が従来のイメージよりちとカッコいい。

  • さあ どうやろ?

  • ☆2015年5月1日
    西行が主人公。
    時代背景が、卒業論文で書いた時代とぴったり合致、ワクワクしながら読んだ。
    しかも、天皇家の乱脈な秘密が公然と描かれており、これは創作と思われるかもしれないが、史実に則っていると知っていて読めるのは、大変興味深かった。

  •  のちの西行こと佐藤義清と平清盛の二人は、北面の武士として友情を育むが、義清は、待賢門院璋子と出会い、心を奪われてしまう。

     私の好きな西行をこれまた好きな作家である夢枕獏がどのように描くのか、期待しながら読み進めましたが、その期待は裏切られることはありませんでした。

     佐藤義清(西行)が璋子との出会いによって心を惑わされることは知っていましたが、それだけではなく、そこに怪しの世界、まさに「陰陽師」の世界を取り入れることによって、西行の心の内を変化を見事に描いていると思います。

     清盛のとの関係も安倍晴明と源博雅との関係に似ているようでまとちょっと違う感じも楽しむことができました。

     まだ4巻まで先があるので、味わいながらこの先も読み進めていきたいと思います。

  • 佐藤義清(後の西行)がひとりの女性に心奪われ、その執着心に苦しむ様が描かれる。
    書物にかかれた西行に関する話を挟みながら、さまざまに伏線も張られ、流れるように話が展開していく。

    佐藤義清と平清盛の関係の描き方は、「陰陽師」の源博雅と安倍晴明との関係を見ているような感じ。

全8件中 1 - 8件を表示

宿神 第一巻 (朝日文庫)のその他の作品

宿神 第一巻 単行本 宿神 第一巻 夢枕獏
宿神(1) (朝日文庫) Kindle版 宿神(1) (朝日文庫) 夢枕獏

夢枕獏の作品

ツイートする