• Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022647726

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学小説】シルクハット・タキシード姿の銘探偵、美貌の建築探偵、才色兼備の女探偵ら個性たっぷりの人気探偵が集結! 思わずうなるオチとともに、8人の作家による、8人の探偵が織りなす8つの謎を描いたミステリーアンソロジーがついに文庫化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (収録作品)鼠が耳をすます時(山口雅也)/水難(麻耶雄嵩)/ウシュクダラのエンジェル(篠田真由美)/ある蒐集家の死(二階堂黎人)/禁じられた遊び(法月綸太郎)/詩人の死(若竹七海)/神の目(今邑彩)/バルーン・タウンの裏窓(松尾由美)

  • 若竹七海氏以外は?かな

     いろんな名探偵はうれしいのだが、アンソロジーの中では若竹作品以外イマイチかな。

  • アンソロジーは、初読みの作家さんを手に取るきっかけにもなるのだけど、今回は、お馴染みの作家さんに大軍配な感じ。
    「ウシュクダラのエンジェル」
    他の国の宗教や慣習を安易に批判・否定するわけではないのだけど、なんとも切ない展開だった。そういうお話に、京介の語り口がやけに似つかわしい。

    「禁じられた遊び」
    ずっと綸太郎パパの入院話で、どんな事件に関わるのかと思ったら。
    あの映画を一ひねり二ひねりした展開はさすが。
    でも、名探偵の本領発揮はなかったような(笑)

    「詩人の死」
    なんていう毒を含んだ作品なんだろう。
    いかにも葉村晶、いかにも若竹七海。

    「バルーン・タウンの裏窓」
    懐かしのバルーン・タウン。
    どこかユーモラスな展開にほっとする。

  • 好:「水葬」「ウシュクダラのエンジェル」

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1989年10月、『生ける屍の死』でデビュー。

「2017年 『7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

名探偵の饗宴 (朝日文庫)のその他の作品

名探偵の饗宴 (朝日文庫) Kindle版 名探偵の饗宴 (朝日文庫) 山口雅也

山口雅也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
今村 昌弘
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする