七夜物語(中) (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.74
  • (8)
  • (19)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 188
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022647788

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学小説】小学4年生のさよは、母親と二人暮らし。ある日、図書館で出合った『七夜物語』というふしぎな本にみちびかれ、同級生の仄田くんと夜の世界へ迷いこんでゆく。七つの夜をくぐりぬける二人の冒険の行く先は? 解説・村田沙耶香。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中巻。

    第四章「二つの夜」は良かった。
    お互いに、夜の世界で自分の心の中と向き合う場面を経て次の一歩を踏み出していく。
    その作業は決して楽ではなくて、苦しみながらも見つめるしかない二人の描き方が上手い。

    更に、仄田くんに野村くんが声をかけるシーン。
    「うん。悪いこと言っちゃったって、ずっと後悔してた。だって、そういうこと言われるのって、すごくいやなことだから」

    「ぼくも、そういうふうに言われたことがあるから、わかるんだ」

    「医者にならない子なら、いてもいなくても同じだって、いつか大人が話してるのを聞いちゃったことがあるんだ」

    野村くんは、苦笑いのような顔をした。

    ……というシーン。
    大人の世界を受容するしかない子どもの表情。
    言われて傷付く言葉を誰かに転化することの意味を考えさせられる。

    第五章は道徳的になり過ぎている感が……。
    次は早くも下巻。どんなラストなんだろう。

  • さよと仄田くんが別行動をする三、四夜目は、彼らの現実とリンクして意外と生々しい。離婚した両親のことで心を痛めているさよと、クラスの中で浮いている自分を自覚している仄田くん。さよは比較的しっかりものの優等生だけれど、仄田くんのキャラクターは面白いなあ。さよは母子家庭だけど、仄田くんは父子家庭でおばあちゃん子、頭が良くて物知りだけど、頭でっかちで上から目線になりがちだからクラスの男子からはよく思われていない。いじめられるほどではないけれど、友達はいなくて、なにかと軽んじられている。でもそういう、かっこいいヒーローじゃないからこそ、仄田くんの成長っぷりがとても微笑ましくて応援してあげたくなります。

  • 上巻を読んだまま、すっかり忘れてしまい久々に読んだ中巻。
    児童書の様な読み易さなのだけれど、内容は難しい。
    難解という意味ではなくて、つい考え込んでしまう様な内容。

    表紙が何とも素敵で惹かれます。

  • 中巻では、4つめの夜の世界と、5つめの夜の世界が書かれている。

    だんだんと冒険は難易度を増していく。
    そして、さよと仄田くんも、冒険を通して少しずつ成長していく。
    この物語の冒険は、さよと仄田くんの心にいろいろな感情を芽生えさせる。
    幼いながらも、芽生えた感情と真摯に向き合い、答えを見つけようとする姿は、見ていて眩しい。

    残り2つの夜を、この二人がどうやって乗り越えていくのか。
    最後の2夜を覗いてきます♪

  • 新聞連載されていたころ、毎日楽しみに読んだ作品だ。
    古書店で見かけて、読みたくなった。
    上巻が手に入らなくて、中巻から、となってしまったけれど。
    でも、連載がまとまると、やはり集中して読むことができて、印象が変わるものだなあ、と思う。

    中巻は第四の夜と、第五の夜。
    第四の夜には、さよと仄田くんは、別々の世界にいる。
    そこでさよは若い日の両親に出会い、仄田くんはこちらの世界の自分とは全く違う、完全無欠な男の子になっている。
    二人とも、それぞれ、自分の中の荒れ狂う気持ちに気づいていく。
    第五の夜では、さよと仄田くんのウバたちとの戦いが描かれる。
    こちらの世界のモノたちに命を与え、育てる一方で、イキモノたちをモノに変えていくウバたち。
    二人は生きていることとはどういうことかや、善悪の区切りを揺さぶられて、ウバたちと戦うことにも疑いを持つようになる。

    二人の子どもの心の柔らかさと、それゆえの揺らぎが丁寧に描かれていて、すばらしい。
    不思議な世界の物語で、途中からは入りにくいかと思ったが、それでも引き込まれる。

  • 読書部課題図書その29

  • 子供が成長するための第一歩,自分のメタ認知に焦点を当てる.不可思議な世界を描いているようで,その実,人の精神的成長を丁寧に描いていることに気が付く.

  • 自己との対峙を乗り越えて。。。

  • 電話をちん、と切る、とか
    普通に読んでたけど、
    よく考えたらほぼ絶滅した光景だよなあ。懐

  • 150715

全12件中 1 - 10件を表示

川上弘美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

七夜物語(中) (朝日文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする