私に似た人 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.53
  • (7)
  • (13)
  • (20)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 154
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (504ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022648488

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学小説】小規模なテロが頻発するようになった日本。実行犯たちは一様に、冷たい社会に抵抗する《レジスタント》と称していた。テロに走る者、テロリストを追う者……それぞれの心象と日常のドラマを精巧に描いた、第151回直木賞候補作、待望の文庫化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 貫井先生、ゴメンナサイ…あなたを最後まで信じ切れなかった——。奈良坂俊和まで読んでこれは(※前[読んだ]作『ドミノ倒し』が貫井作品一の駄作だったので)はまた駄作か?と頭を過ぎりました、が、最後の章で評価は一変。まさかこう来るとは…。そう遠くない未来を見ているようでした。星4つ半。

  • 昨今の格差社会 ネット社会
    こんなような人はこうなってしまうんだ
    あるかも と
    自分では抗えない現実に、ネットでの吐露でカバーしたい気持ち それらを知らない人と交わす

  • 2014年発売の単行本の文庫化。
    近年の貫井徳郎は1作ごとに作風が変わるような印象がある中で、本書は今後のターニングポイントになる1冊ではないか……と思った。

  • 日常的に小口テロが起きる社会。十人の主人公たちの生活の変化と感情の揺れを精巧に描く連作長編小説。
    タイトルのとおり、登場人物は私たち自身である。幸せの価値観を自分なりに持ち、他人との優越感と劣等感を感じながら日々を過ごす毎日。そして不満は社会のせいにする。人間の本質なのか、日本人特有なのか。よく考えると背筋が凍る怖い物語である。

  • うーむ。なんとも。
    難しいね。

  • 20170728-93

  • イマイチかなぁ

     あっと驚く仕掛けにはさすが!って唸ったけども、そこ以外はなんかネットとテロとって、あわないなぁ。少し期待しすぎたかな。

  • テロを起こす人、被害者、その家族、憤りを感じる人、行動できる人、傍観者。。
    テロを通して、様々なタイプの人間が描かれる。私はタイトルの意味は、あなたはどのタイプ?と聞かれているように思えて、背筋がぞくぞくした。私は、、、。

    最後の話が良かった。復讐を実行したら、悲しみの連鎖はいつまでたってもなくならない。誰かがその犠牲になるのではなく、そういう環境を元から作らないこと。それが大事なんだろうな。

  • ◯私に似た人
    最初の一文から心が揺らいだ。テロが始まったのは2001年のアメリカ同時多発テロが最初だろうか。
    今まで何度のテロがあり、今では驚きも少ない。
    何故慣れてしまったのか、慣れていい事なのか。
    スマホも同じ。社会の変化はいつの間にか起き、気づいてみれば当たり前になっている。

    世の中の全ての事象に右か左のどちらかひとつの結論を出す必要があるのだろうか。

    テロを起こす人の気持ち。テロを批判する人は、弱者が見えていない人たち。
    たった1つの失敗や挫折が時には取り返しのつかない事になる。自分には考えられないこともその人にとってはかけがえのない事もある。

    日本人のダメなところは考えない所
    自分の意志で理由があって『右に倣え(ならえ)』であればそれはいいと思う。ただ、出る杭は打たれるから出ない、何も考えずに出ないでいる事を選ぶのがいけない。

    憎んでも何も始まらない。憎しみの連鎖は止めなければ止まらない。
    自分の好きな人がテロリストだったら、嫌いになるのか。過去に罪を犯していたら、その人を社会から追い出すのか。それが正しいのか。

  • 201706/無理やりな人間関係もありつつ、ほっとする結末や後味悪い結末を織り交ぜたちょっとリンクしていく形式の短編集。やっぱりヘイトさんの話が一番印象的。

全12件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1968年東京都生まれ。93年『慟哭』でデビュー。2010年『乱反射』で日本推理作家協会賞、『後悔と真実の色』で山本周五郎賞を受賞。他書に『天使の屍』『崩れる』『灰色の虹』『新月譚』『微笑む人』『ドミノ倒し』『私に似た人』『我が心の底の光』など多数。

「2018年 『女が死んでいる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

私に似た人 (朝日文庫)のその他の作品

私に似た人 単行本 私に似た人 貫井徳郎
私に似た人 (朝日文庫) Kindle版 私に似た人 (朝日文庫) 貫井徳郎

貫井徳郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
ピエール ルメー...
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

私に似た人 (朝日文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする