おばあさん (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022648549

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学小説】獅子文六ブーム再燃中! 納富家で隠居生活をおくるおばあさんのもとに、娘婿の浮気に孫娘の婚約騒ぎと心配の種が次々に舞い込む。人生の荒波をくぐり年を重ねた女性の知恵と気骨としたたかさで、おばあさんは厄介事の解決に奔走する。ユーモアあふれる家族小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 納富佳年(のうとみ かね)69歳。
    実家は蘭方の医者で、おばあさんは若いころは築地居留地の女学校に通うお嬢様。
    午後は町内の漢学の先生の所で四書五経、その後長唄のお稽古、夜は母親から裁縫を仕込まれた。
    つまり、教養のある、育ちの良い人である。
    23年前に夫に先立たれ、M物産の石炭部長を務める(なかなか羽振りが良い)長男・欣一の家で隠居している。

    ところがどうも。
    なかなか「楽隠居」とはいかない。
    おばあさんは、なるべく若い人の生活にはくちばしを入れない主義なのだが…
    相談事が向こうからやってくるのだ。
    医者に嫁いだ娘が亭主の浮気に怒って家出、遅く出来た三男は定職に就かず演劇に入れ込みいわゆる河原乞食…
    そして、何よりもおばあさんが気にかけるのは、愛してやまない孫娘の、将来の進路と婿養子取り問題である。

    正月早々噴出した家族の問題に、「今年は大変な年になりそうだ」と感じるおばあさんだが、昭和十六年という折も折である。
    おばあさんは毎朝ラジオのニュースを聞き、日本が大きな戦争の波に飲み込まれようとしていることを、のんきな家族たちに先んじて感じてもいた。

    おばあさんの心の中のあれこれな考え方が、さすが年の功である。
    『どうも、男ッてものは、貧乏なうちがいいよ……』
    『どうも、女ッてものは、美人でないほうがいいよ……』
    嘆息とともに吐き出される名言の数々。

    孫娘の言動に女性の生き方の変化を実感する新しさと、「家」の血統を何よりも大事に思う古さが同居しており、おばあさんの葛藤は、その間を行ったりきたりしているところにある。
    頭を使い、体を使い、家族のために奔走した、納富佳年の昭和十六年。
    よき時代が幕を閉じた年でもあったが、この本の感想に暗いことは書くまいと思う。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーー
    獅子文六の、この面白さって何なのだろう!!

    そして、何でもかんでも「おばあさんから言ってやってくださいよ」「おばあさんにご相談が」「おばあさんにお願いが」
    なんだい、意気地の無いッ!
    自分で直接お言いよ!
    直接、向き合いなさいッ!
    おばあさんの周りの人間には、こう叱っておきます。

  • 万事恙無く「家」を取り仕切っていくおばあさんの話。息子、嫁、孫、婿、大変な問題児がいるわけではないけれど、人数が多い分、少なからずとも頭を悩ませる問題はいつでも起こってくる。それを知恵と経験とでもって時に厳しく、時に優しく回りとの調和を持って解決していくおばあさん。いつだっておばあさんは自分のことではなく「家」の行く末を一番に考えている。昨今、自分の幸せ利益を考える人間が多い世の中にあって、自己はさておき、長い目で見て将来を考え動ける人間の物語はある意味新しい。おばあさんのような大きな人に、私はなりたい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1893年、神奈川生まれ。小説家、劇作家、演出家。ユーモアをたたえた作風で人気を博す。作品に『悦ちゃん』『海軍』『てんやわんや』『自由学校』『娘と私』『大番』『コーヒーと恋愛』など。1969年没。

「2017年 『ちんちん電車』 で使われていた紹介文から引用しています。」

獅子文六の作品

ツイートする