物語のおわり (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.80
  • (40)
  • (80)
  • (69)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :940
  • レビュー :82
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022648730

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夢を追い求める人。
    夢をあきらめる人。
    夢の手助けをする人。
    夢への歩みをを見守る人。
    夢を見つけようともがく人。
    夢が見つかるまで
    静かに、ただひたすら静かに
    一歩一歩を踏み出す人。

  • 結末のない短編作が読み継がれていくお話。登場人物のつながり方が絶妙。最後には,短編作の結末も明らかになって,すっきりした。

  • 物語のタイトルが「物語のおわり」とあり、また第一話目の終わり方を見て、何となく結末を明確にかかない作品なのかと思ったが、最後まで読んだらすべてが繋がっていた。面白い作品だった。

  • 未完の私小説。その小説が、北海道を旅し、出会う人たちに渡り読み継がれるといった短編小説めいた本作。一体どんな趣向の何の話?しかし、そこは湊かなえ作品ならでは。やはり最後にその意味が隠されていました。祖母と孫娘のお話。そして、巻末の解説は、北海道が舞台の作品ゆえに、「水曜どうでしょう」のディレクター藤村氏が担当。

  • 文庫『物語のおわり』刊行記念 湊かなえさんサイン会 北海道・東北で開催!
    https://publications.asahi.com/news/803.shtml

    朝日新聞出版のPR
    妊娠三ヶ月で癌が発覚した智子、父親の死を機にプロカメラマンになる夢をあきらめようとする拓真、志望した会社に内定が決まったが自身の持てない綾子、娘のアメリカ行きを反対する水木、仕事一筋に証券会社で働いてきたあかね・・・・・・人生の岐路に立ったとき、彼らは北海道へひとり旅をする。そんな旅の途中で手渡された紙の束、それは「空の彼方」という結末の書かれていない小説だった。果たして本当の結末とは――。あなたの「今」を動かす、力強い物語。
    https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=19614

  • ひと昔前に書かれた未完の小説を北海道を旅するいろいろな立場にいる人がその人なりに、自分の問題に重ねた続きを考える。サクサク読めるのだが。なんだかドロドロが物足りなかったような。。。

  • 夢を追いかけ実際に突き進む人はどれだけいるかな?周りにはいないな。

  • 請求記号 913.6/Mi 39

  • 物語が繋がった時のハッとする感情と
    読み終わった時のほんわかする感情。
    とても面白かったです。

  • 2018/05/09

全82件中 11 - 20件を表示

湊かなえの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
恩田 陸
湊 かなえ
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする