物語のおわり (朝日文庫)

  • 613人登録
  • 3.89評価
    • (20)
    • (37)
    • (27)
    • (1)
    • (0)
  • 37レビュー
著者 : 湊かなえ
  • 朝日新聞出版 (2018年1月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022648730

物語のおわり (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 夢を追い求める人。
    夢をあきらめる人。
    夢の手助けをする人。
    夢への歩みをを見守る人。
    夢を見つけようともがく人。
    夢が見つかるまで
    静かに、ただひたすら静かに
    一歩一歩を踏み出す人。

  • 短編集で、それぞれがバトンタッチするようにつながって行きます。絵美はパン屋の家に育つ女の子。田舎で山の向こうを空想する日々。小説を書く趣味がある。パン屋にくるハムさんと恋に落ちる。友人の計らいで、有名作家の弟子になれる機会を得るが、すでに結婚の話が進んでいて、親にもハムさんにも反対される。諦めきれず駅まで出てきたところに、ハムさんが現れる。ここで1話は結末がなく終わり、2話以降は、1話が原稿となり、その原稿を持った人が、悩みを持つ初対面の人に原稿を手渡していく展開となる。受け取った人は、原稿を読むことで、その結末をそれぞれが考える中で、気づきが生まれ、何かを取り戻していく。短編の登場人物がステレオタイプな印象で、よくある結末という印象がありますが、作者は人の心に響く仕掛けを作るのが上手な印象でした。読後感のいい小説です。

  • 短編小説集かと思いきや、全部がちょっとずつつながりのある話。登場人物それぞれが辛さや迷いを抱えながら、正解のない問いの答えを自分で選んでいく。その決断の瞬間に、袖振り合うも他生の縁程度の他人の関りが意味を持っていて、世の中捨てたもんじゃないなって思える。1冊の中に共感できる人物がいっぱいいて泣ける。

  • 小説が、めぐりめぐって本人に戻ってくるお話。
    最後のお話がすき。
    人生これから、どんな選択をしてどうなっていくのか。
    また、自分がどんな風に人に影響するのか。
    わからないものだなあ、と。

  • 201801/最初の章を読んでもやもやしつつ、バトン形式がやや強引に思える途中章もそうはいっても面白く、最後でこうきたかと、見事な構成。

  • 巻頭に置かれた「空の彼方」という誰が書いたともつかない結末の書かれていない短いお話が、様々な悩みを抱えひとりで北海道を旅する人の手から手へ渡り、それぞれの人がそれぞれなりの話の続きを思いに馳せ、自らの悩みに何らかの節を作る、といったお話。
    興味を繋げたのは本半ばまで、似たような話が続いて段々しんどくなった。

  • 2018126 おそらく作者の思惑通り評価が分かれると思う。自分の感想としては、最初と最後だけでよかったのでは。になります。途中凄く嫌になったり、喜んだり、作者の思惑通りの気分の流れだった。そういう意味ではまた読みたい作家です。

  • 結末の書かれていない未完の小説が旅人から旅人へと読み継がれて行く。
    読み手によって想像する結末は当然違い、それぞれの生き方が出ていて面白い。私はどう読むだろうか。最後にじっくり考えてみようとおもったら、結末描かれていた。おばあちゃんになった絵美は相変わらずほんわりだけど、また小説を書いてもらいたいな。

  • 結末が語られていない小説。読む人ごとに思いつく結末は違っている。そう 分岐点は数多くあり、行く道は数え切れない選択の結果。プロローグの前にも物語はありエピローグの後にも物語はある。さあ どの道を歩いていこう……

  • みな、自分の過去と目の前のことをリンクさせながら、思ったよりも人に思いを馳せているのではないか。頭のなかで、胸のうちで。だから直接話すことって大切だなって、改めて。そんな余韻にひたった。
    #物語のおわり #湊かなえ

全37件中 21 - 30件を表示

湊かなえの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
湊 かなえ
湊 かなえ
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする