物語のおわり (朝日文庫)

  • 620人登録
  • 3.90評価
    • (21)
    • (38)
    • (28)
    • (1)
    • (0)
  • 39レビュー
著者 : 湊かなえ
  • 朝日新聞出版 (2018年1月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022648730

物語のおわり (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 結末が語られていない小説。読む人ごとに思いつく結末は違っている。そう 分岐点は数多くあり、行く道は数え切れない選択の結果。プロローグの前にも物語はありエピローグの後にも物語はある。さあ どの道を歩いていこう……

  • みな、自分の過去と目の前のことをリンクさせながら、思ったよりも人に思いを馳せているのではないか。頭のなかで、胸のうちで。だから直接話すことって大切だなって、改めて。そんな余韻にひたった。
    #物語のおわり #湊かなえ

  • 気楽に読めます。ミステリーではないです。
    1つの物語があり、それぞれの短編の主人公がそれを読み繋いでいきます。
    その物語は完結しておらず、悩みを抱え結論が出せずにいる主人公たちがその物語に自分を重ね、おわりを考えます。
    何かを選択しなければいけないとき、結果、後悔したり、うまくいかないこともあって、それでも向き合わないといけなくて、悔やんでも悩んでも、現状からスタートするしかない。このあたりのそれぞれの気持ちの描き方が上手いなと思います。
    最終章があることでスッキリとしてよかったなと思います。
    ただ、中盤のスローテンポが少し退屈さを感じてしまった。

  • あとがきにもありませたが、ラスト二章でこうなるのかと、驚かされました。

    ただ、本を読む順番は、非常に大事だと、またまた痛感。
    直前によんでいたのが、歌野晶午の「ずっとあなたが好きでした」だったので、続けて読むべきではなかったかな。

  • 1話ごとに終わりを自分で考えるのかと思いながら読んでいたら話は繋がっていてた。なかなか面白い作品でした。しばらくしたらもう一度読み直したいと思います。

  • 珍しくスッキリとした読後感。
    確かに本は読み手の背景や読み方によって印象が変わる。
    同じ文章を読んでも、受け取り方もラストの想像も違う。
    終わりのない物語を読んだら、私はどう想像するのか。
    小説の引き継ぎ方も性格が出ていて面白かった。
    色んな人生、色んな価値感が交錯する中、
    何故か読んだ後にホッとする一冊です。

  • 北海道。

  • 「イヤミスの女王」湊かなえの連作短編集
    北海道を一人旅する訳ありの人々に、バトンのように手渡されていく、紙束に書かれた短編小説「空の彼方」を巡る物語です。
    以前読んだ「山女日記」に近い感じでしたが、こちらの方が展開も読後感も、そして私的評価も良かったです。ミステリとか関係なく、読み物としてオススメの一冊。

    あ、これも「イヤミス」じゃありません(^_^;)

全39件中 31 - 39件を表示

湊かなえの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
湊 かなえ
湊 かなえ
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする