物語のおわり (朝日文庫)

著者 : 湊かなえ
  • 朝日新聞出版 (2018年1月4日発売)
3.87
  • (21)
  • (46)
  • (32)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :646
  • レビュー :45
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022648730

物語のおわり (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 201801/最初の章を読んでもやもやしつつ、バトン形式がやや強引に思える途中章もそうはいっても面白く、最後でこうきたかと、見事な構成。

  • 北海道の観光地を想像しながら、それぞれに悩みを抱える人たちの物語を楽しめました。
    個人的に、ハムさんが最後居酒屋で小説を受け取る下りが理解できず、あれは誰なのか、誰か親切な方、教えて欲しいです。

    私は夢という夢を持ったことがあったかなぁ。強い憧れを持つことはあっても、実際に追い続けるほどの情熱はなく、ただ目の前にあることをこなし、進学して、就職し、結婚した。小説の中に出てくる、公務員の大水に似てるのかな。なりたい職業に就くことだけが夢ではないと思うけど、将来、息子が大きな夢を抱いた時に、応援してあげたいと思う。叶わなくても、挑戦することに意味があると思う。

  • 北海道出身なので読んでみたいなーと思って手に取った本。湊かなえさんのイヤミスでない本を読んだのは初めてかも。なんだか心がほっこりしました。カメラマンの人の話がすきかなぁ。小説の構成も面白いな、と。読む人によって、物語の受け取り方は様々だと思うけど、未完の物語となればなおのことなんだな、と。途中で出てくる剛生が、朝井リョウさんの何者に出てくる人に似てた笑
    文庫版の解説者にニヤリとなる人、いると思います。

  • 妊娠3か月で癌が発覚した智子、娘のアメリカ行きを反対する木水…。迷いを抱えた人々が向かった先は、北海道。旅の途中で手渡されたのは、未完の小説だった。そして本当の結末とは-。

    連作短編集。湊かなえらしい細かな描写が続く。冒頭の篇を読んだとき、どうしてこういう結末?と思ったけれど、続く篇を読み続けて納得。ただそれぞれの登場人物たちに共感できるかというと、少なくとも私はNOだった。
    (Ⅽ)

  • 巻頭に置かれた「空の彼方」という誰が書いたともつかない結末の書かれていない短いお話が、様々な悩みを抱えひとりで北海道を旅する人の手から手へ渡り、それぞれの人がそれぞれなりの話の続きを思いに馳せ、自らの悩みに何らかの節を作る、といったお話。
    興味を繋げたのは本半ばまで、似たような話が続いて段々しんどくなった。

  • 2018126 おそらく作者の思惑通り評価が分かれると思う。自分の感想としては、最初と最後だけでよかったのでは。になります。途中凄く嫌になったり、喜んだり、作者の思惑通りの気分の流れだった。そういう意味ではまた読みたい作家です。

  • 結末の書かれていない未完の小説が旅人から旅人へと読み継がれて行く。
    読み手によって想像する結末は当然違い、それぞれの生き方が出ていて面白い。私はどう読むだろうか。最後にじっくり考えてみようとおもったら、結末描かれていた。おばあちゃんになった絵美は相変わらずほんわりだけど、また小説を書いてもらいたいな。

  • 気楽に読めます。ミステリーではないです。
    1つの物語があり、それぞれの短編の主人公がそれを読み繋いでいきます。
    その物語は完結しておらず、悩みを抱え結論が出せずにいる主人公たちがその物語に自分を重ね、おわりを考えます。
    何かを選択しなければいけないとき、結果、後悔したり、うまくいかないこともあって、それでも向き合わないといけなくて、悔やんでも悩んでも、現状からスタートするしかない。このあたりのそれぞれの気持ちの描き方が上手いなと思います。
    最終章があることでスッキリとしてよかったなと思います。
    ただ、中盤のスローテンポが少し退屈さを感じてしまった。

湊かなえの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする