お隠れ将軍(三) 姫仕掛 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022649546

作品紹介・あらすじ

今は亡き者とされ、岡崎継次郎として市井に生きる七代将軍徳川家継。しかし、吉宗失脚を目論む尾張藩は、次々と刺客を差し向け、その正体を暴こうとするが……。予期せぬ刺客に、継次郎の名刀・葵丸に躊躇いが生じるシリーズ第三弾。

著者プロフィール

1946年佐賀県生まれ。雑誌編集者を経てフリーライターに。ノンフィクション、コミック原作、実録小説を手がけ、映画化、テレビ化作品も多数。2002年「裏火盗罪科帖」シリーズで時代小説作家デビュー。著書に「投込寺闇供養」「深川鞘番所」「朱引き黒引き双つ江戸」「千住宿情け橋」「留守居役日々暦」「渡り辻番人情帖」「新・深川鞘番所」「俠盗組鬼退治」「草同心江戸鏡」シリーズなどがある。

「2021年 『文庫 北町奉行所前腰掛け茶屋 片時雨』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉田雄亮の作品

ツイートする
×