愛するあなたの子を授かって、十月十日後に死ぬつもり。 (朝日文庫)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.21
  • (0)
  • (6)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 135
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022649959

作品紹介・あらすじ

夫との心の距離を覚えながらも、念願の第1子を授かった千夏子。しかし無理がたたって流産し、そのことを誰にも言えずに心を病んでいく。自殺しようと家を出る千夏子だったが、偶然出会った血まみれの女性は、なんと夫の不倫相手で……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • こういう話が時々、とても読みたくなる。

    シリーズものと違い希望が持てる最後で良かったな、と思いながら、親になるのは難しいと改めて思う。

  • 不思議な話だった。
    そんなことある?
    当事者3人が、そんなに都合良く出逢えるなんてすごい。
    流産してしまった奥さんと、
    不倫相手の彼女と、
    その彼女の子供を拾い育てた女性の物語。
    35歳の旦那。中身は大人ぶったガキ。
    毎日奥さんの作る食事に文句つけたり、不妊治療は女だけの問題と耳を貸さない。家事を手伝わない。召使い扱い。
    不倫して外に子供を作る。
    ダメな夫。最低。
    そしてそんなヤツの言葉を真に受けて、流産のことを人に言えなかった。
    外聞を気にして。
    でも、旦那の不倫相手の彼女は憎めない良い子だった。
    世話をしたくなる。
    赤ちゃんを拾って2週間育ててくれた彼女は19歳だけどとてもしっかりしていた。
    この本に出てくる女性はみんな良い人だった。

  • 流産した女、旦那の浮気相手の女、浮気相手が捨てた子を拾った女のお話。
    設定だけ見ると泥沼の様相だけど、読んでみたら特にそんなことは無かった。
    一番の泥沼は一人で悩んでいた時で、悲しいときほど誰かに親切にすれば自分も救われるお話でした。
    ツイッターかなんかの紹介で、タイトルに惹かれました。
    ちいちゃんがどんな大人になるのかがとても気になる。



  • 『もう私は、自分の人生の手綱を他人に握らせたりしない。恥も外聞も、普通も自己責任もくそくらえよ』

    ✳︎

    タイトルが衝撃的で、「え、どういう事?」と思って読んだ。

    夫に浮気された者と、その浮気相手。
    望んだ子供を流産した女と、望まぬ子供を捨てた女の、奇妙な共同生活。

    この物語に出てくる男が全員クソすぎて…
    殴って罵倒してやりたい衝動に駆られた。

    そして子供のことを考えていない自己中心的な親たちにも腹が立ってしょうがなかった。

    同じく0歳児を育てているからこそ、自分勝手すぎる茗にもめちゃくちゃ腹が立ったし
    直人のあり得ない行動にもムカつきすぎて、そしてこんな人間が居たら本当信じられない…

    途中の描写では耐えられずに赤ちゃんのことを思うと涙が出た。


    ジェットコースターサスペンスと書いてあったけど
    こんな偶然が重なることは、、、きっとない(笑)

    そしてなによりも、初めに、
    保護した赤ちゃんを病院に早く連れて行って検査してもらいなよ!と苛立った。怒




    2021年読了、15冊目。





  • 夫がクソ過ぎる。
    あとそんな偶然は、きっと、、、ない!

  • うーん……この話で、どこを面白いと思えばいいのかわからなかった。イヤミス的なのかな……ミステリじゃないけど。

全8件中 1 - 8件を表示

夕鷺かのうの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
砥上 裕將
辻村 深月
凪良 ゆう
小野寺史宜
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×