D-薔薇姫―吸血鬼ハンター 8 (朝日文庫―ソノラマセレクション (き18-10))

著者 :
  • 朝日新聞社
3.53
  • (1)
  • (9)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022655097

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 吸血鬼ハンターシリーズ第八作目。
    「姫」は最後まで名前がありませんでしたが、名前など要らなかったのかもしれません。四騎士に守られ、四騎士を実は守っていた孤高の「姫」です。妖艶なのに茶目っ気たっぷりで、最後には・・Dと壮絶な闘いを果たします。
    エレナも気丈で男勝りで弱くもあって、だから最後はああなってしまったことを残念に思ってしまいます。作品に対してではなく、エレナというキャラに対してですが。
    Dもこれほどまでに凄絶でなければ次回作は乗り切れなかったかも?
    凄味が増したDにはDの掟があるんだな、と、借りの返し方やエレナの処し方に現れていると思いました。面白かったです!

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

菊地 秀行(きくち ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、82年『魔界都市〈新宿〉』でデビュー。85年、『魔界行』(祥伝社刊)三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。
ノン・ノベル既刊の「魔界都市ブルース」(シリーズ59巻刊行中)「ドクター・メフィスト」(シリーズ6巻刊行中)『魔海船』(全3巻)や「ナイト・キッド」(祥伝社刊文芸書・シリーズ3巻刊行中)など、著作は400冊を超えた。

D-薔薇姫―吸血鬼ハンター 8 (朝日文庫―ソノラマセレクション (き18-10))のその他の作品

菊地秀行の作品

ツイートする