Dー蒼白き堕天使 4―吸血鬼ハンター 9 (朝日文庫 き 18-14 ソノラマセレクション 吸血鬼ハンター 9)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.60
  • (2)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022655134

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Dシリーズで現在、邪王星団と並ぶ4巻に渡る長編作品です。
    Dが貴族の護衛を引き受けるという珍奇な旅になるのですが、吸血鬼ハンターがその仕事を受けるということでDも厳しい。その貴族バイロン・バラージュ男爵の不思議な魅力が他の貴族と少し違ったのは、Dとの契約に基づくものだけではなかった・・、というのは、読み進めていけば拓いていきます。
    それにしてもこの青い貴族は大変憂い・・!Dとは‘異なり、同じである’魅力があって大好きです。二人の掛け合いも面白いです。
    とにかく巻数も多いと変化も多様で壮絶さも一入。
    2・3巻も退屈しない凄まじさがあります。
    貴族の新たな可能性について垣間見れます、が、ラストの簡潔な悲劇性は作者も溜息をついたほど。淡々としている分読後の虚しい旋律がドンと胸に落ちてきます。これだけ読んで、あれだけ戦って、こうなってしまうのがDの世界なんですね。
    大好きな作品です。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

菊地 秀行(きくち ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、82年『魔界都市〈新宿〉』でデビュー。85年、『魔界行』(祥伝社刊)三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。
ノン・ノベル既刊の「魔界都市ブルース」(シリーズ59巻刊行中)「ドクター・メフィスト」(シリーズ6巻刊行中)『魔海船』(全3巻)や「ナイト・キッド」(祥伝社刊文芸書・シリーズ3巻刊行中)など、著作は400冊を超えた。

Dー蒼白き堕天使 4―吸血鬼ハンター 9 (朝日文庫 き 18-14 ソノラマセレクション 吸血鬼ハンター 9)のその他の作品

菊地秀行の作品

ツイートする