Dー双影の騎士 1―吸血鬼ハンター 10 (朝日文庫 き 18-15 ソノラマセレクション 吸血鬼ハンター 10)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.50
  • (1)
  • (7)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022655141

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Dのシリーズの中で一番好きな作品。
    Dの過去と兄弟との再会。
    占い師リナとD兄弟の過去を探す旅が始まる。
    そしてリナとの三角関係?

  • レビューは2巻で。

  • ひどい。
    なにがひどいって。
    Dの双子の弟ってのがそもそもひどくないですか。
    あれだけの美貌、能力、体力、そのほか比類なき超人(確かに半分人じゃないけど)として描写されておきながら、この巻数になって”性格以外ほぼ同じ”な弟とか反則すぎやしませんか。

    実はDシリーズはずいぶん長いこと読んでおりませんでした。…たぶん、最後にまともに読んだのは「北海魔行」です。
    菊地さんの文体がずいぶん読みにくくなってしまって、また超人や改造人間の描写が読んでいて想像できないので、もう次はお父さん(ド、ラ…)との決着の話が出たらそれを読めばいいやと思っていたのです。

    そうしたら双子の弟が出るとかいうではありませんか。

    ひどい。
    そして弟の性格がまた違った意味でひどい。

    最後のオチはまあよかったですが、途中、作者も弟の扱いについて迷走していたように感じました。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

菊地 秀行(きくち ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、82年『魔界都市〈新宿〉』でデビュー。85年、『魔界行』(祥伝社刊)三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。
ノン・ノベル既刊の「魔界都市ブルース」(シリーズ59巻刊行中)「ドクター・メフィスト」(シリーズ6巻刊行中)『魔海船』(全3巻)や「ナイト・キッド」(祥伝社刊文芸書・シリーズ3巻刊行中)など、著作は400冊を超えた。

Dー双影の騎士 1―吸血鬼ハンター 10 (朝日文庫 き 18-15 ソノラマセレクション 吸血鬼ハンター 10)のその他の作品

菊地秀行の作品

ツイートする