Dー双影の騎士 2―吸血鬼ハンター 10 (朝日文庫 き 18-16 ソノラマセレクション 吸血鬼ハンター 10)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.63
  • (2)
  • (6)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022655158

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 超長編過ぎて途中で挫折した本も、とりあえず断念した巻を登録しておこうと思う。

    Dもきっかけはカバー買い。読み返すこともなくなってきたので、すっぱりと手放した。

  • Dシリーズで一番好きな作品の第2巻。
    Dの父親との再会。
    占い師リナとD兄弟の悲しい結末…

  • 吸血鬼ハンターシリーズ第十作品目。
    なんとDの兄弟―というよりもう一人のD―が登場します。
    同じとは言えこうも人?柄が違うと、いつものDでさえ想像上の美貌なのに、一層想像し難い真反対ぶりでした。
    にせDは「これまで生きた歳月の壮絶さが察せられるわ」とDに向って吐きますが、力は互角。それまでにせDは地上には出ておらず、目覚めていなかったはず。
    結果(ネタバレ注意)、左手の差が勝敗を分けたようなラストでしたが、個人的には、左手の使い方も含めて経験の差であるほうが納得できるのです。でなければにせDはどうやってDと同等の経験を得たのか、地下に潜っていてはそれは不可能と考えたい。
    神祖がやはりDを選んだのも、にぜDが出来損ないだったからですし・・、しかし二人のDのやりとりは興味深いものでした。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

菊地 秀行(きくち ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、82年『魔界都市〈新宿〉』でデビュー。85年、『魔界行』(祥伝社刊)三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。
ノン・ノベル既刊の「魔界都市ブルース」(シリーズ59巻刊行中)「ドクター・メフィスト」(シリーズ6巻刊行中)『魔海船』(全3巻)や「ナイト・キッド」(祥伝社刊文芸書・シリーズ3巻刊行中)など、著作は400冊を超えた。

Dー双影の騎士 2―吸血鬼ハンター 10 (朝日文庫 き 18-16 ソノラマセレクション 吸血鬼ハンター 10)のその他の作品

菊地秀行の作品

ツイートする